直火二重効用 吸収冷温水機 RJシリーズ

リニューアルに最適なコンパクト設計。

  • 当社Jシリーズと同サイズのコンパクト設計でリニューアルに最適。
  • 運転効率10%UPで、高効率運転も実現。

省施工配管位置や基礎などが従来機種※1と同一で施工性向上!

POINT1

配管口径・接続位置が従来機種※1と同一。

配管口径・接続位置 図解

POINT2

設置面積が従来機種※1と同等。さらにアンカーボルト位置の同一対応も可能(オプション対応)。

アンカーボルト位置 図解
配管工事不要で工期短縮が可能!



省スペースコンパクト設計

リニューアルに対応した、業界最小クラス※2のコンパクト設計!

COPc1.20150RTクラスにおいて業界最少設置面積!

省エネルギー運転効率UP

従来機種※1と比べてトータルランニングコストが約20%削減。同等サイズで高効率運転を実現!

トータルランニングコスト比較のグラフ

吸収冷温水機容量:150RT

年間運転時間:4,015h/年(冷房2,684h/年)

冷水ポンプ揚程20m、冷却水ポンプ揚程25m

負荷パターン:空気調和・衛生工学会データ(建物用途店舗)を使用

東京電力業務用電力(2017年1月時点)

東京ガス空調用A契約C(2017年1月時点)

注)本図は所定の計算条件で試算したもので、試算結果(ランニングコスト)を保証するものではありません。

※1当社Jシリーズ

※2COPc1. 20機種、150RTクラスにおいて




Vシリーズ・RJシリーズの組合せが可能!
最大750RTまで並列運転に対応します。

運転管理

省エネ

小空間と大空間が併設されている建物などにおいて、異なる容量の機器を並列設置することで、それぞれの使用空間に見合った台数制御が可能になります。


別途「吸収式マルチコントローラ」が必要となります。

台数制御

コスト削減

建物全体の負荷に見合った台数の機器運転を制御し、ランニングコストの削減が可能です。

並列運転例 *諸条件につきましては下表をご参照願います。

Vシリーズ・RJシリーズ並列運転例(図解)

《組合せ条件》

表:V・RJシリーズ混在時の組合せ

代表の親機1台にシステムボックス(オプション)が必要です。

RJシリーズは左右50cmずつのメンテナンススペースが必要です。



サイクルフロー

エルーラRJシリーズ サイクルフロー 図解



その他機能一覧

その他機能一覧表

ナチュラルチラー(吸収式冷凍機)

商品情報

サポート情報

  • 空調制御機器
  • 空調制御機器
  • 日経BP社様運営[空気予報]のサイトへ