直火二重効用 吸収冷温水機 Vシリーズ

運転効率が向上し、分割搬入も可能な優れた施工性。

  • 高性能伝熱管の採用と溶液熱交換器で運転効率をアップ。業界トップクラスのCOPc=1.22を達成。
  • 冷却水変流量オプションを搭載することにより、冷房負荷と冷却水温度に応じて冷却水ポンプをインバーターにより制御し、冷却水ポンプの電力消費量を削減し、省エネルギーとランニングコスト削減を実現します。
「ナチュラルチラーグリーン制度」選定機種

2017年5月時点、中型クラスにおいて

冷却水変流量オプション搭載によるメリット

トータルランニングコスト比較

トータルランニングコスト比較

CO2排出量比較

CO2排出量比較

【算出条件】

吸収冷温水機容量:40、60、80RT

東京ガス空調用A契約C(2017年1月時点)

冷水ポンプ揚程20m、冷却水ポンプ揚程25m

CO2排出計算は「温室ガス排出量の算定・報告マニュアル(平成28年4月環境省/経済産業省)」参照。

年間運転時間:4,015h/年(冷房2,684h/年)

負荷パターン:空気調和・衛生工学会データ(建物用途店舗)を使用

東京電力業務用電力(2017年1月時点)

注1)本図は所定の計算条件で試算したもので、試算結果(ランニングコスト、CO2排出量)を保証するものではありません。

注2)当社リニューアル対象機(SUW-E)とQUW-V(定流量)の電力コストの差は、冷却水系機内圧力損失の低減効果を表したものです。

冷却水大温度差(6.5℃)標準対応(32→38.5℃)

  • 従来機(Hシリーズ)に比べて冷却水流量を18.5%低減し、ポンプ動力削減に寄与します。
大温度差システムイメージ

リニューアル対応

コンパクト設計により従来機同等以下の設置面積

  • 従来機より最大約24%の小型化を実現し、全機種の最小搬入高さ(排気トップ及び天井パネルを取り外した場合)を1,900mmに統一。
    屋内設置の場合でも搬入・取付工事が容易です。
  • 配管取り出しは後面に統一し、省工事化を実現。
設置面積

機内圧力損失の低減

  • 水系機内圧力損失の低減により、既存の二次側設備の再利用も可能で、工期・コストの削減に貢献します。

詳細については別途お問い合わせください。

冷却水系 機内圧力損失比較

分割搬入対応でリニューアルも容易(オプション対応)

  • コンパクト設計に加えて分割搬入にも対応し、エレベーターでの搬入も実現。
    リニューアル時の負担を大幅に改善します。(パック型の冷却塔は除く。)
エルーラなら分割搬入対応でリニューアル!

リニューアル時の負担を大幅に改善

サイクルフロー

エルーラVシリーズ サイクルフロー

その他機能一覧

その他機能一覧

ナチュラルチラー(吸収式冷凍機)

商品情報

サポート情報

  • 空調制御機器
  • 空調制御機器
  • 日経BP社様運営[空気予報]のサイトへ