直火二重効用 吸収冷温水機 F1シリーズ 省エネルギー型

  • パワフルで安定した空調システムはそのままに、高性能伝熱管と新型熱交換器の採用による高効率運転で燃料消費量を削減し、環境性・省エネ性がさらに向上

※1機種によって消費電力が異なるため、数値は目安とします。

※2省エネ率とは吸収冷温水機開発初期の燃料消費量を100とした場合の燃料削減率を表します。

その他の画像

冷房運転時間4,000時間に標準機で対応

通常、一般空調の年間冷房運転は約2,000時間ですが、吸収液の濃度と温度を低く抑えた安全設計で、年間冷房運転4,000時間にも標準機で対応します。

冷却水温度は15℃まで運転可能 (100〜300F1の場合)

運転可能な冷却水範囲を、15〜34℃と大幅に拡大しました。中間期の冷房運転や、夏場の温度上昇期にも安定運転を実現します。

360〜1000F1は19℃まで運転可能。

燃焼系故障診断機能

故障診断機能付きプロテクトリレーの搭載により、燃焼系の安全性や信頼性の向上に大きく寄与します。

自己診断機能 (オプション)

冷却水系汚れ、真空度低下、燃焼室汚れ、冷却水温度高を自己診断し、安定した運転を持続します。(変流量制御をする場合、機能の制約があります。)

冷却水温度対応セイフティコントロール
[定格冷却水入口温度32℃の場合]

トータルランニングコスト(冷房)

サイクルフロー[ガス焚仕様機種]

サイクルフロー[ガス焚仕様機種]

主な仕様

主な仕様

主な機能

主な機能

ナチュラルチラー(吸収式冷凍機)

商品情報

サポート情報

  • 空調制御機器
  • 空調制御機器
  • 日経BP社様運営[空気予報]のサイトへ