廃熱利用機

廃熱利用機

廃熱利用機の主な特長

廃熱利用特性

廃温水流量※1(定格仕様時)

廃温水流量 グラフ

廃熱回収量※2(定格仕様時)

廃熱回収量 グラフ

燃料(蒸気)削減率※2(定格仕様時)

燃料(蒸気)削減率 グラフ

※1機種ごとに流量変動範囲があります。お問い合わせください。

※2廃温水流量が変動した場合、各値は変動します。

※3冷水12℃→7℃、廃温水90℃→80℃の場合

省エネルギー性

吸収液ポンプインバーター制御

インバーターで吸収液循環量の最適制御を行い、効率の良い省エネルギー運転を行います。燃料および、電力消費量を低減します。

グラフ

付帯設備への制御出力

軽負荷時には、冷却水ポンプなどを停止させて省エネルギー運転を行います。また、冷却塔ファンへの発停出力も可能です。

低NOXバーナー搭載 (12A・13A)(吸収冷温水機)

設定基準値であるNOX値60ppm(O2:0%換算)以下をクリアし、地球環境保全に貢献します。

補機動力低減機能 (オプション)

当社独自の冷却水変流量制御を行うことで、補機動力を含めたトータルランニングコストを大幅に削減できます。

冷(温)水変流量制御

コントロールボックス内で負荷を判断し、最適な流量信号(4〜20mA)を出力します。

冷却水変流量制御

設備ごとに異なる条件下でもランニングコストが最小になるように流量信号(4〜20mA)を出力します。

信頼性

ヘビーロード仕様対応

サイクルの吸収液温度を抑えた安全設計。コージェネレーション対応のベースロード機として最適です。

冷却水温度対応セイフティコントロール

中間期の冷房運転や夏場の温度上昇期にも安定運転を実現します。

グラフ[定格冷却水入口温度32℃の場合]

デジタルPID制御

急激な負荷変動時においても、冷水出口温度をすばやく安定させます。

自己診断機能

冷却水系汚れ、真空度低下、吸収液濃度上昇、燃焼室汚れ、冷却水温度高を自己診断し、安定した運転を持続します。

変流量制御をする場合、機能の制約があります。

蒸気制御弁最適制御 (吸収冷凍機)

起動時に蒸気制御弁開度を段階的に制御することにより、オーバーインプットを防ぎ、立ち上がり時間を短縮しています。

燃焼系故障診断機能 (吸収冷凍機)

故障診断機能付プロテクトリレー搭載により、燃焼系の安定性を向上させます。

24時間遠隔監視システム (オプション)

故障の未然防止はもちろん、万一トラブルが発生した場合も24時間365日迅速に対応します。

ナチュラルチラー(吸収式冷凍機)

商品情報

サポート情報

  • 空調制御機器
  • 空調制御機器
  • 日経BP社様運営[空気予報]のサイトへ