環境エンジニアリング

レイヤー経営の方へ

畜産換気線の設置趣旨
マーク 夏場の暑熱対策
マーク 熱射病による死廃防止
マーク 食欲減退による飼料摂取量低下の防止
マーク 床面の空気を動かし、鶏の翼下蓄熱を防止
マーク 多雨期の高湿度化を防止(飼料変質、敷料のカビ発生を防止)
マーク 冬場の室温調節(高生産性発揮には28℃が最適)

換気線の設置方法
立面図
平面図
ポイント
1 床面より約1~2m
2 妻面にシャッター付大型(120cm)換気扇を使用
3 ケージの下部へも送風できるように段違いに設置
ケージの下部へも送風できるように段違いに設置
4 充分な空気の流れを確保できるため、反対側には風圧シャッターを使用
このページの先頭へ