環境エンジニアリング

ロックウール脱臭システム

特長

  1. 低ランニングコスト&低メンテナンス
    脱臭を行うための機械は、送風機と散水用のポンプだけです。従って、運転費は電気代がほとんどです。また、脱臭菌群の管理が必要ないため、メンテナンスは送風機等の機器類のみになります。(太陽光・風力発電システムとの組合せで、さらなる省エネルギー化が可能です。)
  2. 脱臭材(微生物ロックウール)の交換が不要
    脱臭材は腐食や変質などなく、長期にわたり利用可能です。
  3. 地球に優しい処理方法
    脱臭原理は微生物がアンモニアを分解し生育することで行います。従って菌群の補給や栄養剤等の添加が不要です。また、脱臭時に発生する余剰水も循環使用するため、排水による土壌汚染を防止します。
ロックウール脱臭システム
通気堆肥舎とRW脱臭装置

共同開発:独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター