環境エンジニアリング

 重金属汚染浄化 (鉛、カドミウム、水銀、六価クロム など)

掘削置換法

土壌を掘り起こして清浄土に入れ替えることで、重金属や埋設物(廃棄物、PCBなど)を除去します。

 特長 

  •   ■ 短期間で浄化が可能
  •   ■ 効果が明確である
  •   ■ 汚染土は場外で適正処分
掘削置換法 

揚水処理法

地下水に含まれる揮発性有機溶剤を確実に除去

有害物質を含む有機溶剤を吸い上げ、排水処理を施します。水に溶けにくく、揮発性が高い物質に適します。

 特長 

  •   ■ 井戸の設置により、外部への拡散を防ぐ
  •   ■ 現場での処理が可能
  •   ■ 他の浄化方法との併設により、土壌汚染浄化も可能
  •   ■ 真空抽出法との併用で浄化効果大
揚水処理法

不溶化処理法

オリジナルの薬液「アムテクリーンM」によって化学反応を起こし、重金属を不溶化します。これにより、汚染物質の地下水への溶出を防ぎます。

 特長 

  •   ■ 少量の汚染度にも対応
  •   ■ 原単位処理
  •   ■ 修復土は再利用可能
不溶化処理法

湿式洗浄法

土壌を粒子レベルで洗浄し、汚染粒子と清浄粒子に選別します。浄化された土壌は再利用可能なため、埋め戻しするなど元の土壌の活用が可能です。

 特長 

  •   ■ 細かい粒子の土壌に適する
  •   ■ 修復度は再利用可能、土壌の品質管理が容易
湿式洗浄法