環境エンジニアリング

土壌・地下水汚染浄化

背景

土壌・地下水汚染浄化に対する社会的認識がますます高まり、健康被害の恐れのある有害な揮発性有機化合物VOC汚染が顕在化している中、「土壌汚染対策法」 (2003年2月施行)により、

  •    ● 使用が廃止された有害物質使用特定施設に係る工場又は事業場であった土地
  •    ● 都道府県知事が土壌汚染により人の健康被害が生ずるおそれがあると判断した土地
の所有者は、汚染状況を調査把握する事が義務付けられました。
「汚染しているかどうか?」「どのように浄化すればいいのか?」などの心配事について、豊富な実績とノウハウで、汚染物質、状況、量、周辺環境まで配慮し、様々な浄化工法で対応します。
バイオレメディエーション法 汚染物質の浄化に有用な土壌・地下水中に生息する微生物(バイオ)の活動を活発化させ、浄化作用を促進します。
△関連技術:マイクロアレイ(微生物解析)法
鉄粉法 「ゼロ価鉄粉」による還元分解反応で、地下水汚染を浄化します。
揚水処理法 地下水をくみ上げ、水中に溶け込んだ汚染物質を地表に設置した浄化装置で浄化します。
簡易型地下水処理装置 限られた設置スペースで、汚染物質を吸引処理する装置です。組み合わせ(ユニット)で、処理能力を調節する事も可能です。
エアースパージング法 地下水中に空気を注入しながら別の吸引井戸で土壌ガスを回収することで、浄化速度が加速します。
真空抽出法 井戸内を真空状態にすることで、土壌中のVOCを吸引処理します。
簡易型土壌ガス吸引装置 限られた設置スペースで、汚染物質を吸引処理する装置です。組み合わせ(ユニット)で、処理能力を調節する事も可能です。
生石灰混合法 生石灰と遊離水を混合させた水和反応による加熱で汚染物質を揮発化します。
土壌掘削置換法 汚染土壌を搬出し、場外にて適正に処理します。
土壌湿式洗浄法 汚染土壌を清浄粒子と汚染粒子に洗浄分別します。
不溶化処理法 化学反応・固化剤を利用して汚染土を無害化・不溶化処理します 。

豊富な実績

1993年から調査・浄化ともに実績を積み、「土壌汚染対策法」(2003年2月施行)に合わせ環境省の調査機関としての指定を受けました。
豊富な実績とノウハウで、調査・分析から浄化・設計・施工・評価・モニタリングまでをトータルに請け負い、情報管理も万全の体制で臨んでいます。

  ■ 調査実績
4,168件
  ■ 工事実績
667件 (2014年度末現在)

調査と浄化工事実績のグラフ
生石灰混合法

生石灰混合法

鉄粉法

鉄粉法

揚水処理・土壌ガス吸引処理装置

揚水処理・土壌ガス吸引処理装置


浄化までの流れ

お客様のご要望と汚染状況、対象土質に合わせた様々な工法の中から適した方法で、一貫して浄化までの対策を講じます。

浄化までの流れ

当社は、環境省に指定された調査機関です。
ヒアリングや資料による調査からはじめ、 ボーリングにより対象となる土壌・地下水の採取で詳細調査を実施し、汚染原因、濃度、分布等あらゆる汚染の状況を把握します。

PDF 土壌汚染対策法に基づく指定調査機関としての情報開示(平成28年10月1日 現在)