「ナノイーX」・エコナビ搭載4方向天井カセット形

4方向天井カセット形に「ナノイーX」・エコナビ機能がついて新登場!
「ナノイーX」・エコナビ対応4方向天井カセット形(T1形 28〜160形)ラインアップ一覧

「ナノイーX」ロゴ
パナソニック独自の清潔機能「ナノイー」が「ナノイーX」として大幅に進化。
従来比10倍※4の量のOHラジカルを含む微粒子イオン「ナノイーX」を業務用空調機で初めて搭載※3!清潔性がさらにアップし、より快適な空間をお届けします。

「ナノイーX」のテクノロジー 説明画像

①脱臭 付着臭の脱臭にも効果を発揮。

さまざまな場所で脱臭効果を発揮。

「ナノイーX」脱臭効果の一例

②内部クリーン ファン、熱交換器、風回路のカビの成長を抑制。※6

冷房・ドライ運転後に、室内機内部を自動で乾燥と「ナノイーX」循環。

内部クリーンの仕組み、検証結果

「ナノイー」とは…空気リスクと戦うイオンです。

内部クリーンの仕組み、検証結果

※1「ナノイーX」の使用には、4方向天井カセット形(T1形)、多機能ワイヤードリモコン(CZ-10RT4B)が必要です。

※2オプション設定です。T形及びS3形室外機、4方向天井カセット形(T1形)、エコナビセンサー、多機能ワイヤードリモコン(CZ-10RT4B)の組み合わせ時のみ使用可能です。

※32016年9月現在、当社調べ

※4「ナノイー」:毎秒4,800億個と、「ナノイー X」:毎秒4兆8,000億個との比較。 ESR法による測定(当社調べ)。

※5【試験方法】試験室(約30畳)において6段階臭気強度表示法により検証 【脱臭の方法】「ナノイー」を放出 【対象】付着したタバコ臭
【試験結果】2時間で臭気強度0.7低減。 【臭気分析機関】群馬分析センター(株) No.27055

※6【試験機関】環境生物学研究所室内ユニット内部のカビの成長抑制
【試験方法】室内ユニット内部にカビセンサーを設置、室温25度、湿度75%に維持した部屋(約95m3)、1日あたり2時間の冷房運転を9日間実施
【防カビの方法】室内ユニット内部の乾燥と「ナノイー」を放出
【試験結果】カビセンサーによる菌糸成長抑制効果あり。(環境生物学研究所No150901、150904)

※7故障の時は交換が必要です。

※86畳空間での約8時間後の効果であり、実使用空間での効果ではありません。

※96畳空間での約2時間後の効果であり、実使用空間での効果ではありません。

※10「ナノイー」:毎秒4,800億個と、「ナノイーX」:毎秒4兆8,000億個との比較。ESR法による測定(当社調べ)

※11【試験機関】パナソニック(株)解析センター 【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させたアレル物質をELISA法で測定
【抑制の方法】「ナノイー」を放出 【対象】付着した花粉アレル物質 【試験結果】8時間で88%以上抑制。 BAA33-130402-F01

※12【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター 【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させたカビ菌の発育を確認
【抑制の方法】「ナノイー」を放出 【対象】付着したカビ菌 【試験結果】8時間で抑制効果を確認。 第13044083002-01号

※13[浮遊菌]
【試験機関】(一財)北里環境科学センター 【試験方法】試験室(約6畳)において菌を浮遊させ空気中の菌数を測定
【除菌の方法】「ナノイー」を放出 【対象】浮遊した菌 【試験結果】4時間で99%以上抑制。北生発24_0301_1号
[付着菌]
【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター 【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させた菌数を測定 【除菌の方法】「ナノイー」を放出
【対象】付着した菌 【試験結果】8時間で99%以上抑制。第13044083003-01号(試験はそれぞれ1種類のみの菌で実施)

※14:[浮遊ウイルス]
【試験機関】(一財)北里環境科学センター 【試験方法】試験室(約6畳)においてウイルスを浮遊させ空気中のウイルス感染価を測定
【抑制の方法】「ナノイー」を放出 【対象】浮遊したウイルス 【試験結果】6時間で99%以上抑制。 北生発24_0300_1号
[付着ウイルス]
【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター 【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させたウイルス感染価を測定
【抑制の方法】「ナノイー」を放出 【対象】付着したウイルス 【試験結果】8時間で99%以上抑制。 第13001265005-01号( 試験は1種類のみのウイルスで実施)

※15【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター 【試験方法】試験室(約6畳)において6段階臭気強度表示法により検証
【脱臭の方法】「ナノイー」を放出 【対象】付着したタバコ臭 【試験結果】2時間で臭気強度1.2低減(BAA33-130125-D01)

エコナビ ロゴ
エコナビが3つのセンサーでムダを見つけて賢く節電&快適気流制御

内部クリーンの仕組み、検証結果

更に4方向天井カセット形は、湿度センサー搭載で省エネ運転。

NEW湿度センサー  温冷感指標※1より導き出した運転制御で、省エネ運転。

湿度センサーのしくみ

※1温冷感指標とは、温度、湿度、気流、幅射、着衣量、活動量の6要素により、人間がどのように感じるかを表した指標です。

床温センサーで、すばやく暖房業界初(2015年9月時点)

快適暖房:サーキュレート(空気循環)制御<暖房時>

暖房中、床温センサーで床温が低いことを検知した場合、空気をかき混ぜ、天井付近と床付近の温度ムラを低減する独自のサーキュレート制御を行い、室内の温度を安定させます。

暖房中のサーキュレート運転 イメージ図
室内機2台以上設置の場合

風よけ人の不在を検知して、自動でサーキュレート運転。効率よく温度ムラを低減。業界初(2015年9月時点)

サーキュレート運転 従来使用との比較

風あて人の在・不在を問わず、自動でサーキュレート運転。

サーキュレート運転 従来使用との比較
外部機器連動の説明

人感センサーで、節電&快適気流制御

節電:人の動きを検知、活動量に応じて節電運転を行います
人感センサーの動作例

体の不自由な方や乳幼児だけが在室する状況でエコナビ機能を使わないでください。動きが小さい状態で長時間経過するとエコナビセンサーが不在と判定し、運転が停止することがあります。

気流制御:人に風をあてる「風あて」、あてない「風よけ」制御を行います
「風あて」「風よけ」制御イメージ

本機能は、空調機からの風が人にあたること/あたらないことを保証するものではありません。