Webカタログ拡大時に操作不能になる場合の対処方法

2017年9月22日

パソコン(Windows,MacOS)でブラウザーの表示倍率が125%以上に設定されている場合、カタログビュー画面を2段階ズーム(虫眼鏡のカーソルで2回クリック)すると画面が固まって 何の操作もできなくなることが発覚いたしました。ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。
<対処方法>

固まったカタログビューのウィンドウを閉じて、元のカタログ一覧画面でブラウザーの表示倍率を125%未満に変更してからWebカタログを開き直してください。 カタログビュー画面でズーム倍率を変更できるブラウザー(Chrome,Firefox)の場合は、2段階ズームする前に表示倍率を125%未満に変更していただいても結構です。 お手数をかけますが、宜しくお願いいたします。
現象・対策確認済みブラウザー: Microsoft Internet Explorer11, Microsoft Edge, Google Chrome最新版, Mozilla Firefox最新版

標準ウィンドウのズーム設定(Internet Explorerの場合)

ここで100%に戻してからカタログを開いてください。

標準ウィンドウのズーム設定(Google Chromeの場合)

ここで110%以下に戻してからカタログを開いてください。

カタログビュー画面のズーム設定(Google Chromeの場合)

ここで110%以下に戻しても正常に動作します。

カタログビュー画面のズーム設定(Firefoxの場合)

ここが133%以上の場合、リセットして100%に戻してください。