パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電気・建築設備エコソリューション > 食品システム > 業務用冷凍・冷蔵庫 高鮮度管理機器 > コールドテーブル冷凍・冷蔵庫 KAシリーズ

コールドテーブル冷凍・冷蔵庫 KAシリーズ

より進んだ省エネ性能KAシリーズ

SUR-K1561SAINVERTER


コールドテーブル冷蔵庫の省エネ率 約29%
コールドテーブル冷凍庫の省エネ率 約52%
コールドテーブル冷凍冷蔵庫の省エネ率 約45%

年間消費電力量は、JIS B 8630(2009年度版)で決められた測定方法と計算方法において得られた値を表示しています。
消費電力量は、付加機能(オプション)のない標準品により表示しています。付加機能(オプション)を追加した製品は、消費電力量が増加する場合があります。
測定方法:周囲温度30℃、周囲湿度70%以上、庫内温度 冷蔵4℃以下、冷凍-20℃以下、扉開閉回数 冷蔵5分ごとに1回 計72回/日 冷凍15分ごとに1回 計24回/日
使用時の消費電力量は、設置の仕方、各庫内の温度設定、周囲温度や湿度、ドア開閉頻度、新しく入れる食品の量や温度、使い方等により変動する場合があります。
省エネ率(%)=(1-KAシリーズ消費電力量/Gシリーズ消費電力量)×100

KAシリーズの「省エネ技術」

コールドテーブル制御部イメージ

1インバーター制御で高負荷運転時、低負荷運転時も含めて使用電力の削減

庫内温度と運転周波数の関係(GシリーズとKAシリーズの比較) KAシリーズは一定速コンプレッサーと比べて庫内温度変化にあわせて運転周波数を細かく制御できるインバーターコンプレッサーを搭載。
当社一定速コンプレッサーモデルよりも省エネを実現しています。

2新コンデンシングファン

コンデンシングファンに回転数制御の薄型ファンを複数搭載しました。細かい風量制御による省エネと省スペース化を実現。

コールドテーブル制御部イメージ

3冷却ボックス

内箱樹脂一体成型化、更に断熱性能を上げた新冷却ボックス。

4冷却器

輻射熱を利用し省エネ化を実現する新霜取り機構。
冷凍庫・冷凍冷蔵庫では冷却器の冷媒配管に内面溝付管を採用し熱交換効率を高めています。

5かしこく節電

ECONAVI
エコナビ運転中にエコナビランプがお知らせします。

お店の環境にあわせてかしこく節電

冷蔵庫の設置環境とお店の状況にあわせて、コンデンシングファンモーターの回転数やコンプレッサーの周波数の制御などで、環境にあわせてかしこく節電運転を実施します。

厨房内の作業環境、作業効率を追求した仕様

コールドテーブル制御部イメージ

1庫内吹出口を天面に設置

庫内吹出口の位置 庫内吹出口を天面に設置し、庫内収容物が多くても冷気を循環させて吹出口が遮られにくい構造を採用。

2シンプルで握りやすいハンドルデザイン

人間工学に基づいたハンドル形状 人間工学に基づいたハンドル形状を採用。操作がしやすいほか、ハンドル部分にほこりがたまりにくい形状で清掃が簡単に行なえます。

3冷蔵専用庫に庫内LED照明搭載

庫内LED照明 冷蔵専用庫ではLED庫内灯を標準搭載。

4汚れがつきにくい扉面材

扉面材はクリアコートステンレスを採用。汚れがつきにくく、清掃性も向上しています。

5固定グリルと引き出し式フィルター

引き出し式フィルター 固定式のグリルを採用。引き出し式フィルターでお手入れ時もスッと引き出せます。操作パネルには引き上げ式のシェードを採用し誤作動を防ぎます。

6はめ込み式のドアパッキン

ドアパッキン はめ込み式のドアパッキンを採用。清掃や交換が簡単に実施できます。

庫内容積拡大 ※一部機種

冷凍庫・冷凍冷蔵庫では一部機種で高効率の新冷却ユニットを採用。冷却ボックスを小型化し庫内容積がアップしています。

本体の軽量化

新設計の冷却ユニットにより本体重量が軽量化されています。

パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電気・建築設備エコソリューション > 食品システム > 業務用冷凍・冷蔵庫 高鮮度管理機器 > コールドテーブル冷凍・冷蔵庫 KAシリーズ