株式会社 清菱建設さま

2014年12月4日

スマートHEMSで「見える化」を実現し、

快適さと経済性を高めた素敵なくらしをご提案

高性能の建物+スマートHEMSで快適なゼロエネ住宅をご提案


自らの住まいをゼロエネ住宅にし、そのメリットをくらしの中で実感しながらモデルハウスとして使用。

−御社がネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ゼロエネ住宅)に取り組むようになった経緯と、そのご提案内容を教えてください。

高橋 先代の父は20年も前から高気密・高断熱住宅など省エネを考えた家づくりに取り組んでいました。私も父にならって同じような家づくりをしていたところ、東日本大震災が起こり、この足立区も計画停電で電気の使用が制限され、改めて「安心な住まいをつくりたい」と思うようになりました。同時に今は「住宅」と「エネルギー」を切り離して考えられない時代であると実感し、「エコモド」と名付けたゼロエネ住宅に取り組んでいます。「エコモド」は、省エネで地球にも家計にもやさしく、しかも快適なくらしができる家です。太陽の光や風を効果的に取り入れたパッシブデザインで設計し、高気密・高断熱の建物を造り、熱交換型換気システムで一年中室内の温度を快適に保ち、消費電力を最小限に抑えます。そのうえで、太陽光発電システムで電気をつくって、HEMSで見える化・管理するというものです。

「見える化」で電気のムダを省き、今やHEMSは生活の一部に!

−パナソニックの「スマートHEMS」を採用された理由は何でしょうか。

高橋 太陽光発電、エアコン、IHクッキングヒーター、エコキュートなどAiSEGと連携できる設備・家電が多いことが採用の決め手でした。どの部屋でどの機器にどれくらい電気を使っているのか、詳しく見える化できることも魅力です。また、住宅分電盤をスマートコスモに替えるだけでいいので、配線の手間もなく施工もスムーズでした。見た目もスッキリとまとまっているのがいいですね。


「スマートコスモの施工性のよさが気に入った」と高橋さん。

−こちらはモデルハウス兼高橋さまのお住まいということですが、HEMSのあるくらしはいかがですか?

高橋 HEMSや節電に全く興味のなかった妻のほうが、私よりもよくモニターをチェックしています。確実に節電への意識が高まり、照明のつけっぱなしもなくなりました。エアコンの省エネ性が高いので、我慢するのではなく、快適に過ごしながらムダを省いています。HEMSはすでに私たちの生活の一部になっていますね。

発電量・売電量・使用電力量
などが色別で表示され
一目瞭然。

モニターでエアコンの消し忘れも確認でき節電できる。

今後のエネルギー政策を見据え、“スマートな生活”をご提案


実際にモニターを見せながら説明。

−見学に来られたお客さまにはHEMSをどのように説明されていますか。また、反応はいかがですか。

高橋 「ゼロエネ住宅」「HEMS」という言葉だけで説明するのではなく、モニターを見て、触っていただきながら説明することで、ゼロエネ住宅のメリットや、HEMSでできることとその効果が伝わりやすくなりました。スマートフォンで見られることも伝え、実際の画面も見ていただいています。エアコンのオン・オフをスマートフォンで操作できるのも便利ですね。外出先でチェックし、家の中の温度が暑ければ、帰る前にエアコンのスイッチを入れておくこともできることを説明するとびっくりされます。

−今後、家を建てられる施主さまに「スマートHEMS」をどのようにご提案される予定ですか。

高橋 政府のエネルギー政策により、2020年には住宅の省エネ基準が改定されてゼロエネ住宅が標準となり、2030年までには全世帯にHEMSが設置される予定だということを知っていただいたうえで、今建てるならゼロエネ住宅にしたほうが良いことをご説明しています。また、弊社で新築される方はほぼ100%太陽光発電の設置を検討されますので、太陽光発電でつくった電気を管理でき、電気の見える化でムダを見つけるという“HEMSのあるスマートなくらし”をご提案していきたいと思っています。


家の外からスマートフォンでエアコンを
オン・オフできることを見学者にも伝えている。


株式会社 清菱建設

東京都足立区扇2-11-6

お問い合わせ:TEL 03-3890-1072