デマンド監視・警報ソリューション

デマンド警報時に「手動」で機器を制御することで、基本料金を削減

デマンド監視・警報

  • 機能
  • デマンド監視・警報
  • 参考価格

機能

計測器(パルス検出ユニット)により、受電点電力計測を行い、予め設定した目標値に従って警報機を鳴らします。

  • 見える化(主幹)
    受電電力の見える化を行います。
  • デマンド警報
    デマンド目標値を超えそうになると警報機とメールでお知らせします。

デマンド監視・警報

計測器(パルス検出ユニット、多回路エネルギーモニタ)により、電力データの計測を行います。

  • ASPサーバへのデータ連携

    計測したデータは、ASPサーバへ蓄積され、使用状況がいつでも、どこでも確認できます。

    ASPサーバへのデータ連携

    特徴

    パルス検出ユニットより、受電点における電力の計データを収集します。

    M2Mルーターを経由して、クラウドサーバへ計測データを送信します。

    タブレットによる、遠隔事前設定が出来ます(一部機能を 除く)

  • 警報機の設置

    警報機を設置することで、ピーク超過が予想された場合、直ぐにお知らせすることができます。

    警報機の設置

    特徴

    警報装置(ネオアラームミニ)を取り付け、デマンド値越えの警報発報を行うことが出来ます。

    表示部で様々なデータ表示を行うことが可能です。

    タブレットによる、遠隔事前設定が出来ます(一部機能を 除く)

  • ピーク電力ナビゲーション

    計測された電力データ(30分値)をもとに、デマンド電力値と出現頻度を見える化し、発生日時を特定。発生の原因・対策が明らかになります。

    ピーク電力ナビゲーション

  • デマンドグラフ

    30分間隔で1分毎の使用電力量を計測・表示し、最大需要電力値(デマンド電力値)超過による基本料金の上昇への対応判断ができます。

    デマンドグラフ

参考価格

電気料金削減効果※概算

デマンド:14kw削減
基本料金:2.3万円/月 削減
(28.3万円/年)

投資回収年数※概算

約2.2年 機器価格:61万円
年間削減電気代:28.3万円/年

参考価格

約61万円

●Emanageコントローラ:1
●パルス検出ユニット:1
●リモコントランス:1
●ネオアラームミニ:1
●M2Mルータ:1

リースを利用する場合※概算

12,000円/月(5年リース)
※お客様の状況により変動致します。

電気料金削除分23,000円/月
 - リース月額料12,000円/月 
=11,000円/月
 リース契約期間中、11,000円の省マネー

【補足】電気料金削減効果の算定根拠

※東京電力「業務用電力(契約電力500kW未満)」(2015年12月現在)を適用しています。

■基本料金

・料金単価:1684.8円/kW
 削減金額(円/月) = 1684.8円/kW × 削減kW

デマンド警報+手動制御による削減:14kW削減→2.3万円/月 削減

エネルギーマネジメントソリューションプラン

  • デマンド自動制御ソリューション
  • デマンド制御&見える化ソリューション

ご質問・ご相談、及びEM工事会社についてはこちらまでお気軽にお問い合わせください

パナソニック エマネージサポートご相談窓口
0120-878-817
受付時間:365日/9:00〜20:00
お問い合わせ入力フォームへ
  • 各種商品のカタログはこちらから請求いただけます。