感震ブレーカー搭載分電盤 地震あんしん ばん

地震対応ができます 地震あんしん ばん グラッ!ときたら震度5強以上自動OFF! 二次災害の防止に役立ちます

特長

グラッ!ときたら(震度5以上)自動OFF!二次災害の防止に役立ちます。

強い地震を感じたら、感震ブレーカーが信号を送り、主幹ブレーカを強制遮断して電源をストップします。避難時、ブレーカを切り忘れても安心な設計です。

※夜間などに地震が発生した際に避難経路の照明電源を確保するため、3分間の通電時間を設けています。また即時遮断に設定変更も可能です。

内線規程が改定されました。

勧告
「地震時に著しく危険な密集市街地」の住宅などには、感震遮断機能付住宅用分電盤を施設すること。
推奨
「地震時に著しく危険な密集市街地」以外の住宅などには、感震遮断機能付住宅用分電盤を施設すること。

首都直下地震対策検討ワーキンググループより
首都直下地震の被害想定と対策についての最終報告がありました。

[出火防止対策]

火災発生の原因となる電気火災などの発生を阻止するため、従来から進めてきた感震自動消火装置などを備えた火気器具や電熱器具の普及等を推進するとともに、市街地延焼火災の発生の危険性の高い地域を中心として、大規模な地震発生時に速やかに電力供給を停止する方針や取組を検討し、感震ブレーカー等の100%配備の方策を進め、早急に実施すべきである。
(内閣府ホームページより抜粋)

動画で見る地震あんしん ばん

地震あんしん ばんが作動する様子を、動画にてご覧いただけます。

カタログデータダウンロード

仕組み

感震ブレーカーのしくみ。地震がおさまって電気が復帰した時が危険!大きな地震が来ると送電線の保安点検のため一時的に停電になるケースがありますが、電気が復帰したときに倒れたストーブなどによる二次災害の危険が潜んでいます。

ページの先頭へ

商品のご紹介

地震が原因となる電気火災を対策 感震ブレーカーの特長をご紹介

住宅分電盤選定ツールのご紹介

VAソリューションカタログ 住宅分電盤選定ツール 分岐回路数・主幹容量などから素早く品番選定ができます。 PC タブレット スマホでご利用いただけます。

  • 会員登録済のお客様 ログイン
  • 初めてのお客様 会員登録

選定ツールの詳しい情報を見る

ページの先頭へ