法令について(部屋のどこに?)

法令について

法令について
  • いつまでに?
  • どんな家に?
  • どんな警報器?
  • どこの部屋に?
  • 部屋のどこに?
  • 付けられない場所は?

部屋のどこに?


以下の設置基準は平成16年10月27日公布・政令第324号・政令第325号、平成16年11月26日公布・総務省令第138号で示された基準です。

取付位置

天井に設置する場合

解説イラスト
警報器の中心を壁から0.6m以上離して取り付けます。
解説イラスト
梁などがある場合は、梁から0.6m以上離して取り付けます。
解説イラスト
エアコンなどの吹き出し口がある場合は、吹き出し口から1.5m以上離して取り付けます。

壁に設置する場合

解説イラスト
警報器の中心が天井から0.15〜0.5m以内の位置に取り付けます。

※熱を感知するものは0.4m以上離して取り付けます。
注)設置スペースが確保できず、上記の条件に則した設置が困難な場合は、所轄消防署にご相談ください。

傾斜天井に設置する場合

消防法令による規定はありません。ただし、当社製住宅用火災警報器には以下の制限があります。
・埋込型は傾斜45°以内まで。 ・露出型(あかり付タイプを除く)は傾斜角度の制限はありません。

設置基準の詳細は市町村条例によって定められますので、住宅用火災警報器を設置の際は、必ず各市町村の所轄消防署でご確認ください。

  • 電池式でいつでもどこにでも
  • お家を建てる前からのご計画に
  • お客様ご相談センターへのご案内
  • カタログ請求 カタログで確認!
  • ショウルームへ ショウルームで確認!