法令について(付けられない場所は?)

法令について

法令について
  • いつまでに?
  • どんな家に?
  • どんな警報器?
  • どこの部屋に?
  • 部屋のどこに?
  • 付けられない場所は?

つけれらない場所は?


次のような場所には取り付けできません。 は煙タイプ(けむり当番) は熱タイプ(ねつ当番) は煙タイプ・熱タイプ共通

解説イラスト

 タンスなどの真上。

タンスから0.6m以上離して取り付けます。


解説イラスト

 火災でない煙、蒸気などのかかるところ。

(ダイニング、調理場、ガレージなど)



解説イラスト

 換気扇(給気用)・エアコンの近く。

煙が流されてしまうため、検知しないおそれがあります。換気扇・エアコンから1.5m以上離してください。


解説イラスト

 レンジ、ストーブなどの真上や近く。

使用周囲温度が40℃以下のところに取り付けてください。



解説イラスト

 暖房や煙突の近く。

使用周囲温度が40℃以下のところに取り付けてください。


解説イラスト

 倉庫など直射日光により温度上昇の激しいところ。

使用周囲温度が40℃以下のところに取り付けてください。



解説イラスト

 台所以外の階段、廊下。


解説イラスト

 照明器具の真上や近く。

照明器具にさえぎられて、煙や熱を検知しないおそれがあります。0.5m程度離してください。



解説イラスト

 取付場所の温度が0℃を下まわるところ、あるいは40℃をこえるところ。


解説イラスト

 浴室内や水のかかる場所、水滴のつくところ。



解説イラスト

 屋外や屋側。



※市町村条例により、台所に煙タイプの設置が義務づけられている場合があります。その場合、煙や蒸気のかからない場所に設置してください。

火災以外でも次のような場合、けむり当番が鳴ることがあります。(引きひもを引くか警報停止ボタンを押して室内の換気をし、煙検知部の煙がなくなるとすぐに鳴りやみますので、けむり当番を取り外さないでください。) ●スプレー式殺虫剤・化粧品などのスプレーが直接けむり当番にかかったとき。●濃厚なタバコの煙をけむり当番にふきかけたとき。●くん煙式の殺虫剤などの煙が高濃度になったとき。●調理時の煙、蒸気などがけむり当番にかかったとき。●けむり当番が結露したとき。

  • 電池式でいつでもどこにでも
  • お家を建てる前からのご計画に
  • お客様ご相談センターへのご案内
  • カタログ請求 カタログで確認!
  • ショウルームへ ショウルームで確認!