[EV・PHEV充電用] カバー付屋外コンセント

カバー付屋外コンセント

いたずら防止

「保護カバー」「簡易鍵」を装備。
保護カバーを閉め、簡易鍵を施錠すれば、コンセントの差込み口や充電中のケーブルへのいたずら防止に効果があります。
また、鍵取付穴があるので、南京錠(市販品)を施錠することが可能です。(※1)

操作性

電気自動車の充電ケーブルに求められる抜け防止機能としてロック機構を採用。
充電ケーブルの電源プラグ(※2)をコンセントに差し込むだけで接続でき、ロックされます。

デザイン

住宅の外観に適したスマートなデザインを採用。
ホワイトシルバー、シャンパンブロンズ、ホワイト、ブラックの4色を品揃えし、住宅の壁面などの色彩に合わせたコーディネートが可能です。

※1 保護カバー付なのでコンセントカバー部の凍結軽減効果も期待できます。
※2 専用の[EV・PHEV充電用]電源プラグ以外のプラグを使用する場合ロック機能は働きません。
注) 毎日のご使用を考慮し、90〜120cmの高さに設置することをおすすめします。
注) 電源プラグはしっかりと奥まで差し込んでロックをしてください。 差し込み不十分な場合、焼損や火災の原因となります。
カバー付屋外コンセント画像
  • ※ 商品に充電ケーブル・プラグは含まれません。

寸法図

寸法図

●防水保護等級:JIS C 0920[IP44]
(コンセントカバーが閉まっている状態、電源プラグ接続状態)

種類品番種類定格希望小売価格〈税抜〉 
200V用
WK4422Sホワイトシルバー

カバー付
15A・20A兼用 接地屋外コンセント
(簡易鍵付)
(露出・埋込両用)

20A 250V AC10,000円
WK4422Qシャンパンブロンズ
WK4422Wホワイト
WK4422Bブラック
100V用
WK4411Sホワイトシルバー

カバー付
接地屋外コンセント
(簡易鍵付)
(露出・埋込両用)

15A 125V AC9,600円
WK4411Qシャンパンブロンズ
WK4411Wホワイト
WK4411Bブラック
  • ※ 品番クリックで図面・CADデータ・説明書をご覧いただけます。
  • ※ φ2.6電線をご使用で、電線余長が収納できない場合には、別売の露出ボックスをご使用ください。

プラグの接続方法

プラグの接続方法図

普段は保護カバーとコンセントカバーが閉まった状態です。

保護カバーを開けてコンセントカバーを開きます。

コンセントカバーを開いたまま(専用)電源プラグを挿入します。コンセントカバーを離すとプラグにロックがかかります。

保護カバーを閉めます。

注) 電源プラグはしっかりと奥まで差し込んでロックをしてください。 差し込み不十分な場合、焼損や火災の原因となります。

EV充電用コンセント適用プラグについて

当社のEV充電用コンセントは、日本配線システム工業会規格JWDS-0033に準拠した、下記電源プラグに対応しています。
EV・PHEVの充電には下記専用電源プラグをご使用ください。

(専用) EV・PHEV充電用  電源プラグ
注)  [EV・PHEV充電用]電源プラグ以外のプラグを使用する場合、通電は可能ですがロック機能は働きません。
また、下記プラグについては、使用できませんのでご注意ください。
200V・100Vのプラグ形状一覧図

EV充電用コンセントのロック機構

電気自動車の充電ケーブルに求められる抜け防止機能としてコンセントカバーと(専用)電源プラグの突起部が引っかかりロックされる構造です。電源プラグをコンセントに差し込むだけで簡単に接続でき、操作性に優れています。


注) 電源プラグはしっかりと奥まで差し込んでロックをしてください。 差し込み不十分な場合、焼損や火災の原因となります。
EV・PHEV充電屋外コンセント用露出ボックスはこちら
EV・PHEV充電用 電源スイッチ(盗電防止用)についてはこちら