[EV・PHEV充電用] 充電スタンド ELSEEV mine(エルシーヴ マイン)

充電スタンド ELSEEV mine(エルシーヴ マイン)

住まいやオフィスなどの駐車スペースにマッチするスマートなデザインを採用。建物の外構に調和するシルバー、シャンパンブロンズ、ブラックの3色をご用意。

200Vまたは100Vコンセントユニットを標準で1個搭載。さらに、コンセントユニット1個を追加設置可能。

ダイヤル錠、インターロックを採用し、安全性を重視。夜間でも操作しやすいよう手元表示灯を内蔵。

充電スタンド本体説明図
  • ※ 商品に充電ケーブル・プラグは含まれません。

寸法図 ・仕様

ELSEEV mine(エルシーヴ マイン)の寸法図 ・仕様

● 定格 : 20A 200V AC(単相)(DNM021S・Q・B)
15A 100V AC(単相)(DNM011S・Q・B)
● 筐体材質 (フレーム):アルミ 
● 使用温度範囲 : −10℃〜+40℃
● 防水保護等級 : JIS C 0920 IP44相当(扉を閉めた状態)
● 設置方法 : 埋め込み方式
● 設置場所 : 屋内・屋外

一般社団法人 日本配線システム工業会
規格(JWDS0035)適合品です。

種類品番

コンセントユニット

質量希望小売価格〈税抜〉

200V用   

DNM021S

200V用×1

シルバー

約14.4kg

99,800 円

DNM021Qシャンパンブロンズ
DNM021Bブラック

100V用  

DNM011S

100V用×1

シルバー

約14.4kg

99,400 円

DNM011Qシャンパンブロンズ
DNM011Bブラック
  • ※ 品番クリックで図面・CADデータ・説明書をご覧いただけます。

採用上のご注意

ご使用の充電ケーブルの電源プラグ本体(栓刃部含まず)からコントロールボックスまでの長さが250mm以上あれば使用できます。それ以下の場合は、コントロールボックスが扉に干渉するおそれがあります。あらかじめ長さをご確認の上、ご採用ください。

コンセントユニット

充電スタンド本体に取り付ける増設用コンセントです。

コンセントユニット図
  • ※ ダイヤル錠施錠時は必ず1回転以上回してください。番号は変更・指定できません。
種類品番種類定格質量希望小売価格〈税抜〉
200V用 DNM2010シルバー200V用(15A・20A兼用)

20A 200V AC

約3.1kg

39,800 円
100V用 DNM1010シルバー100V用

15A 100V AC

約3.1kg39,400 円
品番クリックで図面・CADデータ・説明書をご覧いただけます。
注) 充電スタンド本体への増設・交換専用です。それ以外の用途では使用しないでください。

プラグの接続方法

ELSEEV mine(エルシーヴ マイン)へのプラグの接続方法

扉を開け
コンセントカバーを開く。

(専用)電源プラグを
コンセントに挿入する。

コンセントカバー部にプラグの突起部が引っ掛かり、ロックされます。
注1・2

ケーブルを通線口に通し、
扉を閉め鍵をかける。

・扉が確実に閉まらないと充電できません。
・ケーブルは無理に曲げないでください。
注3

注1: 電源プラグはしっかりと奥まで差し込んでロックをしてください。 差し込み不十分な場合、焼損や火災の原因となります。
注2: 差し込み後、プラグを軽く引き、抜けないことを確認してください。
注3: 感電および火災の恐れがありますので、ケーブルを扉で挟み込まないように注意して閉じてください。
充電開始・終了作業につきましては車両側の取扱説明書に従って作業してください。

EV充電用コンセント適用プラグについて

当社のEV充電用コンセントは、日本配線システム工業会規格JWDS-0033に準拠した、下記電源プラグに対応しています。
EV・PHEVの充電には下記専用電源プラグをご使用ください。

(専用) EV・PHEV充電用  電源プラグ
注)  [EV・PHEV充電用]電源プラグ以外のプラグを使用する場合、通電は可能ですがロック機能は働きません。
また、下記プラグについては、使用できませんのでご注意ください。
200V・100Vのプラグ形状一覧図
2017年発売のプリウスPHVを、車両に付属の充電ケーブルで充電する場合で、電源プラグを100V用にしたときは、通電は可能ですがロック機能は働きません。

EV充電用コンセントのロック機構

電気自動車の充電ケーブルに求められる抜け防止機能としてコンセントカバーと(専用)電源プラグの突起部が引っかかりロックされる構造です。電源プラグをコンセントに差し込むだけで簡単に接続でき、操作性に優れています。


注) 電源プラグはしっかりと奥まで差し込んでロックをしてください。 差し込み不十分な場合、焼損や火災の原因となります。