ひらいてねット(光コンセント)

小規模な宅内LAN構築におすすめ。光コンセント付なので美観もGOOD! インターネットと電話が最大4ヵ所まで配線可能。小規模な宅内LAN構築に向いています。美しく簡単に光配線ができ、メンテナンスの面でも優れた光コンセント付。CAT5eとCAT6それぞれのケーブルに対応する2タイプをラインアップしています。(インターネット ~4ヵ所,電話 ~4ヵ所)

特長

美観とメンテナンス性の高い光コンセント付。

屋外から宅内に引き込んだ光ファイバと、ONUからの宅内光コードを中継できる光コンセントを内蔵しているので、
簡単・美しく光配線ができます。宅内外の光配線を切り分けることで、メンテナンス性も向上します。

光ファイバサービスを利用する時に、通信事業者が光コンセントを設置する場合があります。ひらいてねット(光コンセント)なら、光コンセントを本体に内蔵しているため、美観を向上させます。

光コンセントには、通信事業者が、
①屋外から引き込んだ光ファイバケーブルを接続します。
②宅内光コードを接続します。

下記の通信事業者の屋外光ファイバ、
宅内光コードとの接続を確認しています。
NTT東日本、NTT西日本

  • サービスの申込み時に、通信事業者に本製品が設置されていることをお伝えください。
  • 光コンセントへの接続をされない通信事業者やCATVの場合でも、通線孔からケーブルを引き出すことで、サービスをご利用できます。

パネル前面のカバーをひらいて機器を接続するだけの手軽さ!

配線工事は「ひらいてねット(光コンセント)」から各部屋にスター配線で行います。ONUやルータなどの周辺機器は、本体パネル前面のカバーを開いてつなくだけ。あとは各部屋のマルチメディアコンセントにパソコンや電話のLANケーブルをつなげば、すぐに複数の部屋で利用できます。

信頼性の高いCAT6対応品種もラインアップ。

CAT5eの他に、より信頼性の高い通信を実現するCAT6対応の品種もラインアップ。簡単&スピーディに施工できる専用の配線部材を採用しているので、工事もらくらくです。

接続先が分かりやすい部屋名シール付き。

ひらいてねット光コンセントのパネル前面に、付属の部屋名シールを貼っておくと、どの部屋に接続されているか分かりやすくなって便利です。

ラインアップ

使用例

  • 接続する機器は、ご契約されたインターネットサービスにより異なります。
  • 注1)ルータにはHUB機能が付いていないものもあります。その場合は別途HUBをご用意ください。
  • 注2)「ひらいてねットシリーズ」の近くにONUやルータなどの機器の設置が必要です。そのため、近傍に機器用の電源コンセントを設置してください。
  • ● 当初FTTHをご利用にならない場合も、将来の光ファイバ対応に備えて、ひらいてねット付近までの空配管の施工をおすすめします。

FTTH(光ファイバ)

使用例 図解‐FTTH(光ファイバ)
  • ※1)光コンセントへの接続をされない通信事業者やCATVの場合でも、ノックアウトからケーブルを引き出すことで、サービスをご利用できます。
  • ※2)通信事業者によっては、通線孔とONUの間にローゼットを設ける場合もあります。

CATVインターネット

使用例 図解‐CATVインターネット

各部の名称と働き

寸法図

寸法図
施工方法はコチラを参考にしてください。

その他の商品を見る場合はコチラから!

  • [マルチメディア]ポートALLシリーズ

    [マルチメディア]ポートALL ギガ

    [マルチメディア]ポートALL

  • [マルチメディア]ポートSシリーズ

    [マルチメディア]ポートS ギガ

    [マルチメディア]ポートS

  • まとめてねットシリーズ

    まとめてねット ギガ

    まとめてねット

  • ひらいてねットシリーズ

    ひらいてねットプラス

    ひらいてねット(光コンセント)

関連商品

商品を知る・選ぶ

  • 宅内LAN配線がある時・ない時
  • ニーズに合わせてかんたん選定
  • 我が家の場合を詳しくプランする