ひらいてねットプラス

コストを抑えたミニマムな宅内LAN構築におすすめ。 設置場所を問わない非常にコンパクトなパネルデザイン。インターネットと電話が最大4ヵ所まで配線でき、ミニマムな宅内LAN設備が低コストで構築できます。CAT5EとCAT6それぞれのケーブルに対応する2タイプをラインアップ。(インターネット ~4ヵ所,電話 ~4ヵ所)

特長

パネル前面のカバーをひらいて機器を接続するだけの手軽さ!

配線工事は「ひらいてねットプラス」から各部屋にスター配線で行います。ONUやルータなどの周辺機器は、本体パネル前面のカバーを開いてつなくだけ。あとは各部屋のマルチメディアコンセントにパソコンや電話のLANケーブルをつなげば、すぐに複数の部屋で利用できます。

信頼性の高いCAT6対応品種もラインアップ。

CAT5eの他に、より信頼性の高い通信を実現するCAT6対応の品種もラインアップ。簡単&スピーディに施工できる専用の配線部材を採用しているので、工事もらくらくです。

接続先が分かりやすい部屋名シール付き。

ひらいてねットプラスのパネル前面に、付属の部屋名シールを貼っておくと、どの部屋に接続されているか分かりやすくなって便利です。

ラインアップ

使用例

  • 接続する機器は、ご契約されたインターネットサービスにより異なります。
  • 注1)ルータにはHUB機能が付いていないものもあります。その場合は別途HUBをご用意ください。
  • 注2)「ひらいてねットシリーズ」の近くにONUやルータなどの機器の設置が必要です。そのため、近傍に機器用の電源コンセントを設置してください。
  • ● 当初FTTHをご利用にならない場合も、将来の光ファイバ対応に備えて、ひらいてねット付近までの空配管の施工をおすすめします。

FTTH(光ファイバ)

使用例 図解‐FTTH(光ファイバ)

※通信事業者によっては、通線孔とONUの間にローゼットを設ける場合もあります。

CATVインターネット

使用例 図解‐CATVインターネット

各部の名称と働き

施工方法・寸法図

LANとTELの配線は次のように行ってください。

裏面から見た配線イメージ図

LAN用配線

LAN用モジュラジャックはぐっとすだから施工が簡単&スピーディ。

適用電線:
[CAT5eの場合]
AWG22~24(Φ0.5mm~Φ0.65mm) 単線
およびAWG24より線の「CAT5e対応UTPケーブル」

[CAT6の場合]
「パナソニック株式会社製 LANケーブルCAT6」

注) LAN用モジュラジャックは取付枠から外してから結線してください。
①取付枠右側のすき間へマイナスドライバーを差し込む。
②マイナスドライバーを矢印の方向に倒しながら器具を押さえて外す。
注) 器具の取り外し時にドライバーをこじたり、
回したりすると成形品が欠けるおそれがあります。

  • 1.キャップを本体から外す

    キャップの爪の先端を指ではさむようにして押しつまみ、引き上げながら外す。

    注)できるだけ爪の先端部をつまんで引き上げてください。

  • 2.ケーブルの外被をむき、モジュラジャックに固定する

    ケーブルの外被を50mm程度むき、外被の先端を「ケーブル固定部」にはめこむ。

    注)ケーブルの外被をむく際は、内部の心線を傷つけないようにむいてください。

  • 3.心線を溝に挿入する

    心線をラベルの表示色に合わせて左右の溝に挿入する。

    ● 心線のヨリの中心を、溝の突起に押し当ててヨリを広げながら挿入する。ヨリがきつい場合は、少しヨリを戻して挿入する。

  • 4.心線を結線する

    <キャップの先端工具を使用する場合>
    1.キャップの先端工具で心線を1本ずつ押し込む。
    2.心線が奥まで押し込まれていることを溝の左右から確認し余った線をニッパーなどで切断する。

    注)φ0.65の電線は、インパクトツールを使用して結線してください。

    <インパクトツールを使用する場合>
    ブレードの切断刃を外側にして、心線をしっかり押し込むと同時に余った線を切断する。

  • 5.キャップを装着する

    接続後はキャップを「カチッ」と音がするまで押し込んで装着してください。

    注)キャップがモジュラジャックに しっかりと装着されていること を確認してください。装着が不十分な場合は、接続ができていない可能性があります。再度、キャップや工具などを使用して、十分に心線を押し込んでください。

結線図

●LAN配線の規格にて、T568AとT568Bの2通りの
 結線方法が定められています。
注1)施工時には、ケーブルの両端で統一する必要があります(標準:T568A)。
注2)再結線は、10回以内にしてください。

施工後の確認

●TEL用配線
宅内LANパネルのテレホンモジュラジャックと各部屋のテレホンモジュラジャック間の短絡の有無および接続状態の確認を行ってください。

●LAN用配線
宅内LANパネルのLAN用モジュラジャックと各部屋のLAN用モジュラジャック間の短絡の有無および接続状態の確認をLAN配線チェッカー(別売、品番WTJ7002K)などで行ってください。

TEL用配線

● 端子表示はNTT仕様に準拠(裏面端子側から見て)

保安器から宅内LANパネル間の配線は、2心ケーブルを使用し、裏面の加入者線接続用端子に接続してください。

結線後、端子に直接張力がかからないように結束バンドでケーブルを固定してください。
(適用結束バンド幅:2.5mm~7.8mm)

TEL配線用端子から各部屋のテレホンモジュラジャック間を、2対または1対電子ボタン電話用ケーブルで配線してください。
(TEL配線用端子はTEL1から順番に接続してください。)

切り替えスイッチを「電話専用」側にした場合

加入者線は、宅内すべての
テレホンモジュラジャックに接続されます。

切り替えスイッチを「ADSL」側にした場合

加入者線は、左下のモジュラジャックにだけ接続されます。その他のテレホンモジュラジャックは加入者線と切り離されます。

寸法図(寸法表示単位:mm)

寸法図

その他の商品を見る場合はコチラから!

  • [マルチメディア]ポートALLシリーズ

    [マルチメディア]ポートALL ギガ

    [マルチメディア]ポートALL

  • [マルチメディア]ポートSシリーズ

    [マルチメディア]ポートS ギガ

    [マルチメディア]ポートS

  • まとめてねットシリーズ

    まとめてねット ギガ

    まとめてねット

  • ひらいてねットシリーズ

    ひらいてねットプラス

    ひらいてねット(光コンセント)

関連商品

商品を知る・選ぶ

  • 宅内LAN配線がある時・ない時
  • ニーズに合わせてかんたん選定
  • 我が家の場合を詳しくプランする