• パナソニック電動工具40周年 パナソニック電動工具はおかげさまで、40周年。プロフェッショナルにお応えするツールを、これからも。

  • パナソニック電動工具40周年 パナソニック電動工具はおかげさまで、40周年。プロフェッショナルにお応えするツールを、これからも。

CAMPAIN キャンペーン

[ 40年の感謝をこめて ]

これまでの感謝とともにより
一層のご愛顧を願って
スペシャルキャンペーンを開催。
ぜひ、ご参加ください。

スペシャルプレゼントが当たる40周年写真投稿キャンペーン2019年1月1日〜6月30日
無料お試し企画!初めての電動工具モニターキャンペーン

HISTORY ヒストリー

[ 発売から40年の軌跡 ]

プロ向け電動工具を
自社開発してきたパナソニック。
その軌跡は、挑戦の歴史です。

動画で歴史を見る

年

1979年充電工具の幕開け

内蔵型ニッケルカドミウム電池&1時間充電

内蔵型ニッケルカドミウム電池&
1時間充電

1回の充電で長い時間作業でき、さらに小型・軽量な工具を実現するため、高容量のニッケルカドミウム電池を採用。当時としては画期的な、1時間という高速充電を可能にし、人も工具も昼休みに充電!という新しい作業スタイルを実現しました。

年

1983年

初の手締め機構

初の手締め機構

スイッチをOFFすると駆動メカがロックされ、手動のドライバーに早変わり。ネジ締めの最後に、締め具合を手動ドライバー感覚で確認できます。締め付けが足りなければ、人の力でさらに締めることができ、作業の確実性を高めました。当社がはじめて開発したこの技術は、以後、多くの主力商品に搭載されています。

年

1984年電動工具が宇宙へ

NASA・スペースシャトルに搭載

NASA・スペースシャトルに搭載

1984年に打ち上げられたNASA・スペースシャトルに乗って、パナソニック電動工具が宇宙へ。宇宙空間における様々な作業で活躍しました。

大好評!電子スピードコントロール搭載

大好評!
電子スピードコントロール搭載

充電式で日本初!指先で回転数をスムーズに調節することができます。さらに、フィードバック回路により、低速回転時もパワーが落ちません。「長いネジ締めや、タイルなどの穴あけ位置決めが簡単!」と現場で大好評。現在も主力機種には必ず搭載されています。

年

1986年

工具を変えた技術!キーレスチャック

工具を変えた技術!キーレスチャック

今や電動工具の常識となったキーレスチャックは、当社が1986年に世界で初めて開発に成功しました。簡単交換で現場での作業効率は大幅にアップ。充電工具を大きく発展させた技術のひとつです。

年

1991年

工具充電時間を6分に!インバータ汎用充電器

工具充電時間を6分に!
インバータ汎用充電器

充電時間短縮へのあくなき追求は続きました。15分充電の実現から3年。ついに世界最速度(当時)6分のはやさでフル充電できる充電技術を開発しました。待ち時間なしの作業にぐっと近づけたこの技術は業界で大きな反響を呼び、これ以降の充電器の開発にも活かされています。

年

1995年

油圧打撃で減音!オイルパルス機

油圧打撃で減音!オイルパルス機

「インパクトドライバーで朝夕も作業したい」という、増改築工事や住宅密集地など、作業音に気をつかう現場での声にお応えしました。オイルを圧縮し、その反発エネルギーでトルクを得る技術により、低作業音を実現でき、現場で好評を得ています。

年

1998年

より軽く、大容量に!
ニッケル水素電池パック誕生

水素吸蔵合金の採用で、従来のニカド電池パックと比べて、約20%も大幅軽量化。電池を小さくできるということは、電池の大きさが同じなら、より高容量にできるということ。翌年、ついに電動工具業界初の大容量3.0Ahを実現!電池パックは当社のリードで、また新しい時代に入りました。

年

1999年

工具を変えた!インパクトとドリルが合体

工具を変えた!
インパクトとドリルが合体

外観は似ていますが、力を生み出すメカニズムがまったく異なるインパクトドライバーとドリルドライバー。この2つの工具を1つにするという困難を見事に実現。スイッチを切り替えるだけで、作業範囲が大幅に広がり、現場で大活躍。この画期的な機構は、もちろん世界初です。

年

2000年

充電でも交流でもOK!2電源対応

充電でも交流でもOK!2電源対応

もし充電でも交流でも使える工具があれば…という考えから開発された2電源切替技術はこの後、パワーハイブリッドシリーズに進化。工具世界初となるハイブリッドモーターの開発で充電・交流時ともさらにハイパワー化を実現しています。

年

2004年

ブラシレスモーター&電子スイッチを搭載

ブラシレスモーター&
電子スイッチを搭載

慣れた工具や愛着のある工具は長く使いたい。プロの方なら誰もお持ちになるそんな想いに応えました。モーター寿命の原因となる磨耗部品、そしてブラシとコミュテータをなくし、さらに電子スイッチを採用。モーターとスイッチの寿命は約2倍(※当社EZ7201との比較)に。

年

2006年

作業量が飛躍的にアップ!リチウムイオン電池パック誕生

作業量が飛躍的にアップ!
リチウムイオン電池パック誕生

電池寿命までの総作業量は約2.5倍に大幅アップ。メモリー効果がないのでリフレッシュ充電の必要がなく、自己放電が少ないのでそのまま保管でき、継ぎ足し充電もOK。しかも工具のハイパワー・軽量・コンパクト化にも貢献しました。
※当社従来比

年

2008年

充電インパクトにトルク制御機能搭載

充電インパクトに
トルク制御機能搭載

センサーでインパクト打撃間のモータ速度・回転量変化を検出し、当社独自のアルゴリズムでトルクに換算し制御。安定したトルクを得られるようになりました。

年

2010年

防塵・防水!厳しい現場環境でもタフに

防塵・防水!
厳しい現場環境でもタフに

タフな国際規格をクリアした「TOUGH TOOL IP」がスタート。モーターや回路部を樹脂でコーティングし、水滴によるショートを防ぎ、ほこりや粉塵によるトラブルから工具を守ります。

年

2012年

>1台で14.4V・18Vが両方使える「DUAL」誕生

1台で14.4V・18Vが両方使える
「DUAL」誕生

装着した電池が18Vか14.4Vかを判別する「デュアル回路」を新搭載。18V・14.4Vそれぞれの電圧で最大のパフォーマンスを発揮します。

年

2013年

ダブルハンマーブロックを新開発

ダブルハンマーブロックを新開発

ハンマーブロックをコンパクトな2重構造に。「主ハンマー」を覆う「副ハンマー」で、トルクを最大限に発揮しながら低振動も実現しました。

年

2019年パナソニック電動工具発売から40周年。

パナソニック電動工具40周年

プロフェッショナルの皆さまに
ご満足いただける
電動工具を
お届けしていくために、
新たな挑戦を
ひとつひとつ、これからも。

インスタグラム写真投稿キャンペーン スペシャル工具やAmazonギフト券10,000円分など、計40名様にプレゼントインスタグラム写真投稿キャンペーン スペシャル工具やAmazonギフト券10,000円分など、計40名様にプレゼント