HomeArchi(ホームアーキ)

ライティング プラン 03 : リビングルーム

Lighting Plan 02 : LIVING ROOM(リビングルーム)
建築をあかりで引き立てて、 くらしをスタイリッシュ&スマートに。
建築化照明 納まり図

あかりのポイント

あかりのポイントA

テレビ上や収納上のアーキテクチャルライトで、空間全体の明るさを確保しながら、空間に広がり感を。造作下のあかりやテーブルを照らすあかりがくつろぎ感をもたらします。

あかりのポイントB

テレビ背面の「線」の光と収納上や造作下を照らす「点」の光。2種類の光の組み合わせが、空間に変化を与え、表情豊かなリビングを演出します。

あかりのポイントC

コーニス照明でテレビ背面をやわらかく照らし、目に優しい環境をつくります。造作下に仕込んだあかりは、低い位置を照らし、くつろぎ感を深めます。

あかりのポイントD

収納上を照らし、隣室とのつながり感を演出。空間の豊かさや面白さを引き出します。ワイドに配光する点のアーキテクチャルライトで、天井にやわらかな光のグラデーションを広げます。

あかりのポイントE

シアターシーンに配慮し、まぶしさを抑えたあかりで、あかりだまりをつくります。埋込穴φ85、開口径φ36のLEDピンホールダウンライトなら、存在感を主張せず、必要な場所に光だけを届けます。

あかりのポイントF

テレビ背面をコーニス照明で照らし、部屋の奥行き感を引き出しながら、テレビを見る環境を整えます。LED特有の粒感やカットオフラインを抑えるLEDアーキテクチャルライトを配置しました。

上の空間はこれらの商品で構成されています。

LED Pinhole Down Light
LED Architectural Light
LED Wall Washer Down Light
LED Compact Bracket

シーン変化

全点灯

全点灯
天井や壁面に光を広げ、美しい陰影をつくります。シンプルなリビングが、メリハリのある表情豊かな空間に。

だんらんのあかり

だんらんのあかり
リビングがやさしい光で包まれるように、天井や壁面を照らして。空間全体の明るさを確保しながら、テーブルに家族が集まるあかりだまりをつくります。

くつろぎのあかり

くつろぎのあかり
造作下やテーブルを照らし、あかりの重心を低くすることで、くつろぎ感を深めます。さらに天井を柔らかな光で照らし、しっとりとした雰囲気をつくります。

シアターリビングのあかり

シアターリビングのあかり
テレビ背面を照らし画面との輝度差を少なくすることで、目の疲れを軽減。手元のあかりはピンホールダウンライトで確保。