ここから本文です。

茨城県取手市ゆめみ野地区

写真:茨城県取手市ゆめみ野地区

新しい街に、
新しいLED防犯灯
アカルミナを108台ご採用。
広い歩道を明るく照射。

取手市役所 建設部 道路課 
課長補佐 佐藤正次様(写真右)
道路建設係 主査 秋田昌宏様(写真左)

写真:取手市役所 建設部 道路課 課長補佐 佐藤正次様(写真右)道路建設係 主査 秋田昌宏様(写真左)
街づくりが進められているゆめみ野地区では、平成23年3月に街の玄関口となる関東鉄道常総線「ゆめみ野」駅が開業。駅前から広がる住宅地の主要生活道路にLED防犯灯が設置されました。取手市では今後も積極的にLED防犯灯を導入される予定です。

導入目的

1.維持管理にかかる業務とコストを削減したい

新興住宅地の新設道路にLED防犯灯をご採用。
維持管理の省力化とコスト削減を実現

取手市では、市内に設置されている約10,000台におよぶ蛍光灯防犯灯を市が維持管理しています。中でも市民から球切れの連絡を受け、各地域の電気工事会社にランプ交換を依頼する業務は頻繁で、業務の省力化とコスト削減が課題となっていました。
そこで、新たな街づくりを進めている地区にLED防犯灯の導入を決定。従来のLED防犯灯と同等の価格で、道路の端や周辺が見やすくなり、安心感が向上した新製品「LED防犯灯アカルミナ」をご提案しました。他社製品も検討されましたが、自動点滅器内蔵で、納期内に108台を納品する条件をクリアできた当製品を採用されました。

事例写真
事例写真

散歩やジョギングを楽しめるよう広々と作られた歩道を、端までしっかり照射。白線も明るく見え、夜間の歩行に必要な明るさを確保しています。


事例写真

電力柱に防犯灯を設置。正面に住宅が建つ予定ですが、横方向に光が広がる設計で、住宅への光害に配慮されています。


2.今後も増え続ける防犯灯の電気代を抑えたい

蛍光灯と同等の明るさで、電気料金区分を
1ランクダウンできるLED防犯灯で負担が減少。

既設の約10,000台の蛍光灯防犯灯に加え、新しい街の誕生で今後も多くの防犯灯が新設される予定です。取手市では防犯灯の電気代も市が負担しているため、その軽減策が大きな課題に。LED防犯灯なら蛍光灯防犯灯と同等の明るさで電気代を約30%削減できます。省エネ化を図りながら、市民に安心・安全を提供できることに満足されています。

ご採用商品

※生産終了品につきましては、代替商品にリンクしています。

  • 写真:LED防犯灯アカルミナ FL20形相当
  • LED防犯灯アカルミナ
    FL20形相当

戻る

WEB会員募集中!

パナソニックならではのLED照明のオリジナル情報をお届けします。
照明設計をサポートする数々のサービスをぜひご利用ください。

会員登録はこちら
主な会員限定サービス