ここから本文です。

明光色(アカルミナ)

夜道が明るく見える明光色(アカルミナ)の光

防犯灯が設置されるような薄明視※1環境下では、プルキンエ現象※2という視覚心理効果によって
短波長成分の光を人は明るく感じます。LED防犯灯ではこの効果を用いて、LED(アカルミナホワイト色※3:8000K)を採用し、夜間の生活道路において歩行者の視環境を改善しました。

図:明光色の方が、より空間全体が明るく見えます

※1 薄明視(はくめいし : mesopic vision) 物と色の形がいくらかわかる0.01ルクス〜10ルクス程度の明るさの状態。満月は0.2ルクス、街路灯は1〜5ルクス程度。
明所視と暗所視の中間状態の視覚。
※2 プルキンエ現象(Purkinje phenomenon) 明所視から薄明視または暗所視へ経過すると、人の目の明るさへの感度特性(視感度)が短波長側に移動しつつ
上昇する現象。プルキンエとは19世紀のチェコの生理学者の名前。
※3 JIS Z 9112で規定する色区分がないため、当社防犯灯の光色として「アカルミナホワイト」と名付け、表記しています。

明光色(アカルミナ)のしくみ

周囲が暗くなると目の感度は短波長側へシフトしながら上昇します。

明光色は防犯灯が設置されるような「薄明視」環境において、目の光への感度がピークとなる507nmの波長に近い光を多く含むことで、空間を明るく見せることに成功しました。

※4 暗所視(あんしょし) 物の明暗だけがおぼろげにわかる0.01ルクス程度より暗い状態

※5 明所視(めいしょし) 物の色と形がはっきりわかる10ルクスより明るい状態

光のスペクトルを制御して見え方をコントロールするスペクティング技術



商品ラインアップを見る

納入事例を見る

戻る

WEB会員募集中!

パナソニックならではのLED照明のオリジナル情報をお届けします。
照明設計をサポートする数々のサービスをぜひご利用ください。

会員登録はこちら
主な会員限定サービス