パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電気・建築設備エコソリューション > 照明器具 > PCB使用照明器具の取扱い

ここから本文です。

PCB使用照明器具の取扱いについて

PCBメニュー

PCB使用照明器具の概要

PCBとは

◎PCB(Poly Chloro Biphenyl)
〈ポリ塩化ビフェニル〉

PCBとは、ビフェニルの水素が塩素で置換されたものの総称で、置換塩素の数と位置によって209種の同族体、異性体が存在します。この内、約100種が市販されていました。
当社、安定器に使用されていたものは、五塩化ビフェニルと呼ばれるものです。
PCBは、科学的に不活性で難燃性であり、絶縁性が高く電気的特性に優れることから、熱媒体・印刷インク・感熱紙・絶縁油・コンデンサー油などに使用されていました。

◎使用期間と使用箇所
1957年(昭和32年)より1972年(昭和47年)8月迄の15年間、放電灯(蛍光灯・HID)安定器内の力率改善コンデンサー内に絶縁油として使用されていました。(※)
※)このときの絶縁油のPCB濃度は高濃度(100%)です。

尚、下記の場合にはPCBは含まれておりません。
・一般家庭用照明器具
 ※まれに施設用照明器具を一般家庭用に使用しているケースがあります。ご注意ください。
・非常用照明器具および誘導灯のブロック
・安定器のケースが白色または緑色
・安定器銘板に「PCBは使用していません」またはNマーク(黒字・丸囲み)の表示がある

※表示例
※表示例

◎使用中止の法的根拠
1972年(昭和47年)3月21日付通産省通達によります。

◎注意事項
PCBは「カネミ油症事件」のように摂取を続けると吐き気や皮膚・肝臓障害の中毒症状が指摘されています。
万一、PCBが身体に付着した場合は、下記応急処置をした後、医師の診断を受けてください。

1)  万一PCBが皮膚に付着した場合は、PCBに汚染された衣服を直ちに脱ぎ、水ならびに石鹸水で洗浄して下さい。
   (アルカリ性の強い石鹸は使用しないで下さい。)
2)  口腔内に入った場合は、直ちに吐き出し水でうがいを繰り返して下さい。
3)  目に入った場合は、直ちに多量の洗浄水で15分以上洗眼した後、3%のホウ酸水で洗眼して下さい。
4)  蒸気を吸入して気分が悪くなった場合は、新鮮な空気の所で安静にしてください。

上記応急措置をして、速やかに医師の診断を受け、指示に従ってください。

ご不明な点は下記へお問い合わせください。 ■照明器具のPCB使用安定器に関するお問い合わせ先 パナソニックお客様ご相談センター(受付9:00〜20:00)フリーダイヤル 0120-878-709 ※携帯・PHSからでもご利用いただけます。 FAX 06-6904-7849

http://sumai.panasonic.jp/support/confirmation.html

GET Adobe Reader
■PDFをご覧になるには、Adobe社のAdobe Readerが必要です。
Acrobat Readerダウンロードページへ

ページの先頭へ

エコソリューションズ社へ

パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電気・建築設備エコソリューション > 照明器具 > 照明器具検索