Panasonic ideas for life 法人向け

JAPAN

サイト内検索

照明器具

パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電気・建築設備エコソリューション > 照明器具 > P.L.A.M. > 設計資料・モデルプラン/照明設計資料 > LED照明設計のポイント > 明るさ確保のための設計手法

ここから本文です。

P.L.A.M. PLAM プラム | LED照明設計のポイント 明るさ確保のための設計手法

LED照明設計のポイント

明るさ確保のための設計手法

  1. 器具選択の5つのポイント
  2. 演出照明の設計手法

作業のために必要な明るさは、作業面の照度で検討します。
必要照度を設定し、それを確保できるような器具の配置を設計する方法とポイントを説明します。

照度を設定 まず、 必要照度を設定します。作業空間の照度はJIS基準を参考に、適切な照度を設定しましょう。JISZ9110-2010 照明基準総則

※日本工業標準調査会HP JIS検索へリンク
規格番号に「Z9110」と入力して検索

照度の目安

  • 照度とは?
    詳しく見る
  • JIS Z9110 改正内容
    詳しく見る

ページの先頭へ

台数を算出 器具と必要照度と建築条件が決まれば、必要台数を計算することができます。

方法その1:照度計算ソフトを使って計算する

・計算条件と器具、設計照度を指定すれば、必要な台数と器具ピッチが計算できます。
・設計図面から照度分布図を作成することも可能です。

照度計算ソフト ルミナスプランナー

方法その2:計算式から概算する

計算式

平均照度の計算法
詳しく見る

照明率・保守率の調べ方
詳しく見る

※照明率とは
光束の何%が作業面に達するかを示す割合が照明率です。

※保守率とは
点灯時間に応じて、光束低下、照明器具や内装の汚れなどにより、室内の照度は下がります。
そのため、初期状態の明るさに対する、器具清掃前かつ寿命末期の状態での明るさを示したのが保守率です。

LEDの保守率について

ページの先頭へ

確認 平均照度を満足しただけでは、快適な視環境は得られません。用途に応じて適した光が得られているか確認します。

演出性・色温度・グレアの確認

明るさ、照明効率を優先させると、演色性や色温度などが用途に適さない場合があります。
「器具選択の5つのポイント」を参考に、用途に適した器具を選定しているか、改めて確認しましょう。

光ムラの確認

作業空間では、明るさのムラが少なく、照度が均一な空間の方が快適です。
同じパワーの器具でも、配光の広がりによって、所要台数が変わります。
LEDは配光が広がりにくい特徴があるので、平均照度は確保できていても、光がムラになっている場合があります。
照度分布図を作成し、光のムラがないかを確認しましょう。
一方で、配光が広い器具は遮光角が浅くなりやすいので、遮光角にも配慮して検討しましょう。

照度計算ソフト ルミナスプランナー

ページの先頭へ

エコソリューションズ社へ