照明器具リニューアル

建築基準法

平成20年4月の建築基準法改正により、非常用照明器具の定期検査の項目が法令化されました。

定期報告の調査・検査項目、方法が明確化。30分間の非常点灯確認が法令化されました。

違反者には最高300万円、法人には最高1億円の罰金が課せられます。(平成17年6月1日改正)

 

蓄電池(バッテリー)について