スペースプレーヤーをより活⽤するための専⽤ソフトをご紹介します。

ワイヤレスマネージャー(無料)

パソコン画面をスペースプレーヤーへ送信するためのアプリケーションソフトです。(静止画のみ対応)

ワイヤレスプロジェクター(無料)

スマートフォン内の写真などをスペースプレーヤーへ送信するためのアプリケーションソフトです。(静止画のみ対応)
アプリは App Store もしくは Google Play よりダウンロードしてください。

チョークアートメーカー(有料)

簡単描きこみで“⽇替わりメニュー”など、毎⽇のPOP作りにも最適。
イラストや⽂字が描かれる様⼦がリアルに再現できます。

1.タブレットで起動 2.お好みでイラストや文字を描き込み 3.再生 イラストや文字が描かれる様子がリアルタイムに再現できます
チョークアートメーカー

※ ダウンロード販売はしていません。
※ 対象OS:Windows8以上
※ 事前にスペースプレーヤーとの接続設定が必要です。

チョークアートメーカー

レストラン・カフェ・和⾷⾵…選べる3バリエーション

チョークアートメーカー

チョークは5⾊×5種類の25パターン

豊富なチョークの種類で描きこみを思い通りに

チョークは5色×5種類の25パターン

最⼤5ページを順次再生

メニューなど描く内容が多くても安⼼

最大5ページを順次再生

チョークアートメーカーのご使⽤には、ワイヤレスマネージャーが必要です。
(付属のCD-ROMよりインストールできます)

コンテンツマネージメントソフトウェア(無料) Ver.2.0
2000 lmタイプに対応しました。

コンテンツマネージメントソフトウェアは、スペースプレーヤーとパソコンを接続しなくても、スケジュールを設定できるソフトです。

コンテンツマネージメントソフトウェア 1.パソコンでスケジュールを設定 2.SDカードへ書き出し 3.スペースプレーヤーへ挿入

今までのスケジュール設定⽅法

今までのスケジュール設定方法

スペースプレーヤーとパソコンの接続を⾏いながら設定する必要があったので、接続設定に時間がかかり、現場での作業時間がかかります。

コンテンツマネージメントソフトウェアを使用すると

コンテンツマネージメントソフトウェアを使用すると

パソコンとスペースプレーヤーを接続しなくても設定可能なので、⼿軽にスケジュール設定ができ、現場での作業時間も⼤幅に短縮できます。

事前準備

・Microsoft.NET Framework 4.5.2以上をダウンロード&インストール
・コンテンツマネージメントソフトウェアをダウンロード&インストール  >ダウンロードはこちら

操作概要

トップページ(アプリ起動後に表⽰される画⾯)より各機能の呼出しを⾏う。

操作概要
  • スケジュールの作成・編集
    (タイムテーブル作成/カレンダーへの設定)
  • 作成したスケジュールを機器に出力する
    (SDカード/LAN)
  • 作成したスケジュールを確認
    (日付別/スケジュール別検索)
  • スケジュールを読み込む
    (SDカード/バックアップファイル)
  • アプリデータを他PCへ移行
    (登録コンテンツ/スケジュール全て)
  • 機器設定
    (出力先機器の登録/設定変更)
  • アプリ情報表示
    (バージョン/使用ライセンス表示)

スケジュール作成

タイムテーブルの作成からスケジュールの出⼒までを⼀連の流れで操作できます。

スケジュール作成
タイムテーブル作成

タイムテーブル作成

右上の「+」ボタンでコンテンツを追加。コンテンツをタイムテーブルにドラッグして、スケジュールを作成します。

カレンダー登録

カレンダー登録

カレンダーのマス目から登録したい日付をクリック、さらに右クリックでタイムテーブルを設定します。

スケジュールの出力

スケジュールの出力

出力方法はSDカードかLAN経由での出力かを選択できます。さらに機器を選択して出力します。

スケジュールの出⼒

作成済みのスケジュールリストからスケジュールを選んで出⼒できます。
スケジュールの選択と確認

スケジュールの選択と確認

スケジュールの出力

スケジュールの出力

SDカードからスペースプレーヤーに設定

パソコンからSDカードを取り出し、スペースプレーヤーに挿⼊。 設定時間になると、スケジュールどおりに投映を開始します。
SDカードからスペースプレーヤーに設定

・設定の詳細は、「コンテンツマネージメントソフトウェア取扱説明書」をご確認ください。

コンテンツマネージメントソフトウェアのご使用には、
MicroSoft.NET Framework 4.5.2以上が必要です。
あらかじめマイクロソフトのホームページより
ダウンロード・インストールしてください。

ページの先頭へ