壮大な宇宙の映像を映し出すメディアとして8台のスペースプレーヤーが採用されました。

【福井県 / 博物館】

福井県西口再開発ビル「ハピリン」5階に福井市自然史博物館分館として「セーレンプラネット」が2016年4月にオープン。
セーレンプラネットでは、広大で謎に満ちた宇宙の魅力を「身近に」「わかりやすく」「楽しく」学ぶ場を提供することで、子供たちの夢を育む学習を推進されています。また、福井県の公共交通ネットワークの中心にあるという立地を活かし、県内の観光・文化施設と連携しながら福井の魅力を発信しています。
身近な福井の街から、太陽系、銀河、そして宇宙の果てまでその距離ごとに見られる美しい画像を投映展示。見る人が引き込まれるような映像を提供したいというご要望をスペースプレーヤーが実現しました。
また、スペースプレーヤーの設置条件の対応力や省エネ性、コンテンツの自由性、SDカードなどのデータを簡単に更新できる点なども高く評価されています。

ページの先頭へ