住まいは文化

先人達が遺してくれた住まいづくりの知恵

「住まいは文化」は、大工や建具職人など、伝統的な建築技術を持った職人たちの高齢化にしたがい、次第に失われていく住まいの知恵や文化・技術などを、日本全国の伝統的な家屋を訪ねる中でまとめたものです。貴重な文化遺産として保存するシリーズ本来の意図はもちろん、「和」のインテリアが海外でも注目される中で、温故知新の参考例として、現代、未来の家づくりに活かせればと考えています。