パナソニックが追求するZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

エネルギー管理ソリューショントップページへ

ZEHとは

ZEHとは、自宅で「創るエネルギー」が「使うエネルギー」よりも大きい住宅のこと。経済産業省では、ZEHは「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」と定義しています。
従来のZEHの定義は、「一次エネルギー消費量が正味ゼロ」ですが、経済産業省の「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ(平成27年12月)」によると「再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量を削減すること」が条件として規定されています。
また、2018年3月の「ZEHロードマップフォローアップ委員会とりまとめ(案)」では、『ZEH』よりもさらに高い性能をもった「ZEH+(プラス)」が定義され、一般的なZEHが増えて標準仕様となるように意図されています。

■ ZEHの定義

エネルギー供給量 省エネルギーエネルギー自立 75%以上減 100%以上減(Net Zero) 負荷の抑制(高断熱化、日射遮蔽等)自然エネルギー利用(再生可能エネルギーを除く)設備システムの高効率化 再生可能エネルギーの導入(容量不問)20%以上減 基準 一次エネルギー消費 ReferenceHouse エネルギー消費量 『ZEH』 Nearly ZEH

■ 省エネルギー水準、断熱性能、補助金適用などの比較

トータルの一次エネ消費削減率 再生可能エネルギー抜きの一次エネ消費削減率 外皮の断熱性能 LCCM 住宅の生涯で100%以上 20%以上 強化外皮基準 LCCM ZEH+(プラス) 居住期間で100%以上(以下同様)25%以上 強化外皮基準(ランクアップ外皮平均熱貫流率が選択肢) 注文・建売・集合 『ZEH』100%以上 20%以上 強化外皮基準 注文・建売・集合 Nearly ZEH 75%以上 20%以上 強化外皮基準 強化外皮基準 ZEH Ready 50%以上 20%以上 強化外皮基準集合(4F・5F) ZEH Oriented 20%以上(再生可能エネルギー不要) 20%以上 強化外皮基準 集合(6F以上)・狭小地 省エネ基準住宅 基準点(0%) 基準点(0%) 省エネ基準

『ZEH』

以下の①〜④に適合した住宅

  1. 強化外皮基準(1〜8地域の平成25年省エネルギー基準〈ηA値、気密・防露性能の確保等の留意事項〉を満たした上で、UA値 1、2地域:0.4[W/m2K]相当以下、 3地域:0.5[W/m2K]相当以下、 4〜7地域:0.6[W/m2K]相当以下)

  2. 再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費削減

  3. 再生可能エネルギーを導入(容量不問)

  4. 再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減

ZEH+(プラス)

以上記の①、③、④を満たした上で、再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から25%以上の一次エネルギー消費を削減。
さらに、自家消費を意識した再生可能エネルギーの促進に係る措置を次の3つのうちから行うことを求めています。

  • 外皮性能のさらなる強化

  • 高度エネルギーマネジメント(HEMSなど)

  • 電気自動車への充電

とくに、高度エネルギーマネジメントに関しては、将来的にはDR(デマンドレスポンス)やVPPに参画する要件となることも想定されています。

これから2030年にかけて、エネルギー政策が段階的に進められていきます。

政府は、住宅の生涯CO2排出量を削減するLCCM住宅(ライフサイクル・カーボンマイナス住宅)を最終目標に、低炭素住宅化を進めていきます。
2020年には、300m2以下の新築も「2013年改正省エネ基準」が原則義務化され、新築戸建の50%がZEHとなります。

■ 低炭素化に向けた住宅イメージ

低炭素化に向けた住宅イメージ 最終目標LCCM住宅 ライフサイクルカーボンマイナス住宅 一般住宅2013年改正省エネ基準レベル2020年義務化へ ZEH+(プラス) 『ZEH』 ZEH Nearly ZEH ZEH Ready ZEH Oriented 認定低炭素住宅 2030年新築住宅の平均でZEH2020年 新築戸建の50%

LCCM住宅

(ライフサイクル・トータルのエネルギー消費がマイナス)
建設から廃棄までの一生涯のCO2収支をマイナスにする住宅。

ZEH+(プラス)

(『ZEH』よりもさらに高い性能をもった住宅)
再生可能エネルギーを除き、25%以上の一次エネルギー消費を削減。
創るエネルギー量が一次エネルギー消費量よりも100%以上多い省エネを達成した住宅。
さらに、次の3つのうちから2つの措置を求めています。

  • 外皮性能のさらなる強化

  • 高度エネルギーマネジメント(HEMSなど)

  • 電気自動車への充電

『ZEH』

(正味で100%以上省エネを達成した住宅)
再生可能エネルギーを除き、20%以上の一次エネルギー消費を削減。
創るエネルギー量が一次エネルギー消費量よりも100%以上多い省エネを達成した住宅。二重カギ括弧で『ZEH』と表記します。

Nearly ZEH

(正味で75%以上省エネを達成した住宅)
再生可能エネルギーを除き、20%以上の一次エネルギー消費を削減。
創るエネルギー量が消費エネルギー量よりも75%の省エネを達成した住宅。
都市部などの市街地に建つ狭小住宅に配慮して設けられました。

ZEH Oriented

(正味で20%以上省エネを達成した住宅/ 再生可能エネルギー不要)
再生可能エネルギーを除き、20%以上の一次エネルギー消費を削減。
再生可能エネルギーが設置できないマンションなどに配慮して、再生可能エネルギー不要のZEHが設けられました。

認定低炭素住宅

(一次エネルギー消費量が-10%の住宅)
建物の一次エネルギー消費量が、2013年改正省エネ基準に比べて-10%以上となる住宅。省エネ基準以上の断熱性能やCO2排出量を抑える設備や処置の別途選択が必要。

省エネ基準住宅(2013年改正省エネ基準レベル)

外皮(外壁や窓など)の断熱性能に加えて、一次エネルギー消費量が2013年改正省エネ基準以下になる住宅。

■ZEH普及に向けたロードマップ

注)ここでのZEHとは、ZEH+を含めた広義のZEHを指す ZEHロードマップフォローアップ検討委員会ZEHロードマップ検討委員会年度(必要に応じて)限定的な延長ZEHの標準仕様化(ZEH+の住宅商品ラインナップ化を含む)ZEHの要素技術の標準仕様化要素技術の高度化・普及促進ZEH広報/ブランド化販売ノウハウの標準化販売ノウハウの普及促進自主的な行動計画等に基づくデータ収集・進捗管理・定期報告新築戸建住宅の過半数をZEH化新築戸建住宅におけるZEHの自立普及/新築住宅の平均でZEHを実現評価制度の確立、登録制度の見直し設計ノウハウの標準化設計ノウハウの普及促進中小工務店等のノウハウ確立建築補助(必要に応じて)定義・水準の見直し  定義・水準に応じた建築補助  定義・目指すべき水準の拡張  定義確立目標業界団体・民間事業者国定義の確立 事業者の補助 目標の設定 技術者の育成 広報 技術開発 ZEHの普及
  • 建築と設備のエコソリューション情報誌
  • ソリューション広告紹介

アンケートにご協力ください。

皆様に今後よりサービスを快適にご利用いただけるよう、
ご意見やご感想をお伺いするためのアンケートを実施しております。
皆様の貴重なご意見をお聞かせください。

アンケートに参加する