パナソニックが追求するZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

エネルギー管理ソリューショントップページへ

ZEHとは

ZEHとは、自宅で「創るエネルギー」が「使うエネルギー」よりも大きい住宅のこと。経済産業省では、ZEHは「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」と定義しています。
従来のZEHの定義は、「一次エネルギー消費量が正味ゼロ」ですが、経済産業省の「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ(平成27年12月)」によると「再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量を削減すること」が条件として規定されています。

■ 省エネルギー水準、断熱性能、優遇措置の対象に関する比較

省エネルギー水準、断熱性能、優遇措置の対象に関する比較 *Nearly ZEHは1-2地域のみ補助金の対象 出所:ZEHロードマップ検討委員会に基づき事務局作成(平成27年12月)ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業5〜7 地域4 地域3 地域1-2 地域算定プログラム暖冷房、換気、給湯、照明(家電負荷は一定値)0.87 以下0.75 以下0.56 以下0.46 以下0.87 以下0.75 以下0.56 以下0.46 以下0.6 以下0.6 以下0.5 以下0.4 以下平成25年省エネ基準で認められている計算方法暖冷房、換気、給湯、照明(家電負荷除く)優遇措置の対象(例)断熱性能水準[W/m2K]省エネ水準省エネ率算定の対象範囲10%以上 ※自家消費に係る再生可能エネ分含む75%以上※売電を含めた再生可能エネ分含む100%以上※売電を含めた再生可能エネ分含む省エネ率※平成25年省エネ基準相当に対する比率認定低炭素住宅平成25年省エネ基準適合住宅Nearly ZEHZEH

ZEH

以下の①〜④に適合した住宅

  1. 強化外皮基準(1〜8地域の平成25年省エネルギー基準〈ηA値、気密・防露性能の確保等の留意事項〉を満たした上で、UA値 1、2地域:0.4[W/m2K]相当以下、 3地域:0.5[W/m2K]相当以下、 4〜7地域:0.6[W/m2K]相当以下)

  2. 再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費削減

  3. 再生可能エネルギーを導入(容量不問)

  4. 再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減

Nearly ZEH

上記の①〜③+下記の④に適合した住宅

  1. 再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から75%以上 100%未満の一次エネルギー消費量削減

Nearly ZEH(二アリー・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、ZEHを見据えた先進住宅として、外皮の高断熱化および高効率な省エネルギー設備を備え、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量をゼロに近づけた住宅を指します。

■ 住宅の消費エネルギー量削減のイメージ

ZEH 使うエネルギー 断熱性能の向上高効率設備の導入で20%以上削減 正味 再生可能エネルギーを加えて100%以上削減 Nearly ZEH 正味 再生可能エネルギーを加えて75%以上削減 ※その他一次消費エネルギー消費量除く。

これから2030年にかけて、エネルギー政策が段階的に進められていきます。

政府は、住宅の生涯CO2排出量を削減するLCCM住宅(ライフサイクル・カーボンマイナス住宅)を最終目標に、低炭素住宅化を進めていきます。
2020年には、300m2以下の新築も「2013年改正省エネ基準」が原則義務化され、新築戸建の50%がZEHとなります。

■ 低炭素化に向けた住宅イメージ

低炭素化に向けた住宅イメージ 最終目標LCCM住宅 ライフサイクルカーボンマイナス住宅 一般住宅2013年改正省エネ基準レベル2020年義務化へ ZEH NearlyZEH 認定低炭素住宅 2030年新築住宅の平均でZEH2020年 新築戸建の50%

LCCM住宅

(ライフサイクル・トータルのエネルギー消費がマイナス)
建設から廃棄までの一生涯のCO2収支をマイナスにする住宅。

ZEH

(一次エネルギー消費量が0以下の住宅)
創るエネルギー量が消費エネルギー量よりも大きいか、おおむね同じ量となることをめざした住宅。

認定低炭素住宅

(一次エネルギー消費量が-10%の住宅)
建物の一次エネルギー消費量が、2013年改正省エネ基準に比べて-10%以上となる住宅。省エネ基準以上の断熱性能やCO2排出量を抑える設備や処置の別途選択が必要。

一般住宅

(一次エネルギー消費量が2013年改正省エネ基準内)
外皮(外壁や窓など)の断熱性能に加えて、一次エネルギー消費量が2013年改正省エネ基準以下になる住宅。

  • 建築と設備のエコソリューション情報誌
  • ソリューション広告紹介

アンケートにご協力ください。

皆様に今後よりサービスを快適にご利用いただけるよう、
ご意見やご感想をお伺いするためのアンケートを実施しております。
皆様の貴重なご意見をお聞かせください。

アンケートに参加する