<

パナソニックES社オフィスビル(京都)[中小規模ZEB]

省エネと快適を両立しながら中小規模ビルのZEBをどう具現化するか。ビルのエネルギーソリューションパナソニックES社オフィスビル(京都)[中小規模ZEB]

ZEB実現への課題

中小規模のビルにおけるZEBの追求。

パナソニックES社オフィスビル(京都)の建設にあたっては、快適オフィス空間と省エネを両立させるとともに、経済産業省が2020年に新築公共建築物のZEB化をめざしていることから、今後はZEBの普及が進むと考え、この思想のもとに建設計画を進めました。エネルギー消費の多い高層ビルと違って、中小規模ビルは屋上の太陽光パネル設置面積とエネルギー消費量のバランスが取りやすいため、完成後は中小規模のビルソリューションが詰まったショウルームとして情報を提供することも計画しました。
また、建設にあたっては京都市の景観条例から、サインの色や照射方法、屋上緑化など、さまざまな対応が求められました。

全景、1階から4階まで交互に連続する坪庭テラスと、ファサードに取り付けられた縦ルーバとライトシェルフ

全景、1階から4階まで交互に連続する坪庭テラスと、ファサードに取り付けられた縦ルーバとライトシェルフ

取り組み

「創エネ」「省エネ」「エネマネ」のソリューションを結集。

【創エネ】としては、屋上に結晶系太陽電池モジュール(10kW)を設置。
【省エネ】では、館内のダウンライトを全てLED照明とし、特に、4階執務室では直管型LED照明器具、Wエコ環境配慮型照明器具、LEDシステム天井用スクエア照明器具という3種類の高効率照明器具を設置して比較検討ができるように計画。各階の執務室では、明るさセンサにより外光が射し込むと机上面照度が500 lxとなるように照明出力を自動制御。人感センサは執務者が席を外すと照明を暗く(300 lx)し、長期不在時は消灯。空調も連動して停止し、きめ細かな省エネを実現しました。
【エネマネ】として、照明制御・空調制御・動力制御・警報監視・エネルギー計測などのビル管理・制御が1台で一元管理できるWeLBA500を導入。中規模ビルのマネジメントに最適なコンパクトなBAシステムを構築しました。また、エリアごとの消費電力量を各階分電盤内の多回路エネルギーモニタで30分ごとに自動計測し、データを「エコサス」データセンターに自動蓄積。Web上の「エコサス」画面でグラフ化したり、省エネ対策のシミュレーションをすることでビルのエネルギーマネジメントができるように計画しています。

太陽電池モジュール、1階ロビーで現在の発電量を表示している

4階執務室ではLEDなど3種類の高効率照明器具が比較・体感できる

4階執務室ではLEDなど3種類の高効率照明器具が比較・体感できる

机上面照度を500 lxに維持

机上面照度を500 lxに維持

不在時には300 lxに減光して空調は停止

不在時には300 lxに減光して空調は停止

WeLBA500、多回路エネルギーモニタ、収集コントローラ

効果

京都の景観にもマッチしたZEBのショウルームとして完成。電力使用量も約35%削減。

躯体のパッシブ性能を高め、高効率設備を最適制御することで消費電力量を最低限に抑え、その電力を再生エネルギーでトータルゼロにするのがZEBの考え方。このビルはそのヒントが詰まったショウルームとして完成しました。竣工後には省エネ委員会が設けられ、2011年9月度にはビル全体の使用電力量を約35%削減。その後も更なる省エネソリューションを追求しています。

再生可能エネルギー

エネルギー管理エコサス、エネルギー生産・計測・制御、セキュリティ管理

パナソニックが追求するZEB
メールでのお問い合わせ

ソリューションに関する営業お問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。

PAGETOP

アンケートにご協力ください。

皆様に今後よりサービスを快適にご利用いただけるよう、
ご意見やご感想をお伺いするためのアンケートを実施しております。
皆様の貴重なご意見をお聞かせください。

アンケートに参加する