「HIT」は1997年11月の発売から20周年。

「HIT」の高い品質と信頼性はその実績によって裏付けられています。

太陽電池・蓄電池の歴史を詳しく見る

国際的に高い評価を得て、様々な賞を受賞

太陽の光エネルギーを電気に換える割合を表すのが、「変換効率」です。変換効率を上げるには、長い年月がかかります。この変換効率の世界記録を次々に塗り替え、その優れた研究開発と技術力に数多くの賞賛がよせられています。

国際的に高い評価を得て、様々な賞を受賞

規模の大小問わず、様々な企業・施設に選ばれています

高品質で豊富な実績を背景に、様々な業種の企業様にパナソニックの太陽光発電システムをお選びいただいております。

多くの企業にパナソニックは選ばれています

ハウステンボス株式会社

ハウステンボス株式会社 様

東京工業大学

東京工業大学 様

株式会社大林組

株式会社大林組 様

納入事例をもっと見る

優れた耐性を実現。世界各国で採用されています。

パナソニックの太陽電池モジュール「HIT」に採用されているセルは最表面(両面)が透明導電膜であり、絶縁体を用いていないため、PID※3は起こりえない構造です。
国内・海外の機関の条件の異なる試験で、PID耐性を実証。その耐性が認められ、世界各国で採用されています。

※3.PIDは、高電圧の太陽光発電システムで高温多湿などの外部要因が加わった場合に生じることがある出力低下現象です。太陽電池モジュールの絶縁性低下がPIDの原因のひとつと考えられていますが、当社モジュールは社内外の厳しい試験で高いPID耐性があることを実証しています。

ドイツ Elektro Abele社

ドイツ
Elektro Abele社

イタリア ローマ南部のワイン醸造所

イタリア
ローマ南部のワイン醸造所

フランス ワーグナーフランス社

フランス
ワーグナーフランス社

韓国 太陽光発電プラントプロジェクト

韓国
太陽光発電プラントプロジェクト

車載用にも採用されました。

トピックス

パナソニックの太陽電池モジュール「HIT」
トヨタ自動車の 「新型プリウスPHV」 に搭載
「HIT」は面積あたりの発電量が大きく、一般的な太陽電池が苦手な高温にも強い特性をもっています。それらと、高い品質・信頼性が認められ、車載用として採用いただきました。(2017年2月28日 当社資料より)

パナソニックの「HIT」と蓄電池を搭載した東海大学ソーラーカーチームが、「Carrera Solar Atacama 2014」で優勝!

パナソニックの「HIT」と蓄電池を搭載した東海大学ソーラーカー
チームが、「Carrera Solar Atacama 2014」で優勝!
高温に強く、限られた面積で発電量が大きな「HIT」と高容量リチウムイオン電池を
搭載。その高い性能と耐久性が、過酷なレースで実証されました。

パナソニックの「HIT」と蓄電池を搭載した東海大学ソーラーカーチームが、「Carrera Solar Atacama 2014」で優勝!

24年目でも、変わらず順調に発電しています。

24年目でも、変わらず順調に発電しています。

1992年、日本初の太陽光発電所が設置されてから、24年を経た現在も稼動しています。
この品質・技術は、パナソニック「HIT」へ受け継がれ
安心できる「品質」としてお客様へお届けしています。

24年目でも、変わらず順調に発電しています。

太陽光発電技術研究組合名誉顧問
桑野 幸徳 氏

納入事例

規模の大小を問わず、様々な企業・施設に採用いただいております。

三豊市立 仁尾小学校様

三豊市立 仁尾小学校 様

施設タイプ:学校
発電量:11.1kW
地域:香川県
パネルタイプ:HIT 238A

ハウステンボス様

ハウステンボス株式会社 様

施設タイプ:商業施設
発電量:2MW
地域:長崎県
パネルタイプ:HIT 285A、HIT 240A

公共・産業用太陽光発電システムについて、お気軽にご相談ください。

貴社の具体的案件について、
パナソニック商品群の強みを活かした
ご提案をさせていただきます。(無料)

お問い合わせ