Panasonic 法人向け

JAPAN

サイト内検索

太陽光発電・蓄電システム

法人向けトップ > 電気・建築設備エコソリューション > 太陽光発電・蓄電システム > 公共・産業用 太陽光発電システム > 全量買取制度

全量買取制度

「全量買取制度」が平成24年7月からスタートしました。

社会全体で再生可能エネルギーを普及・拡大させていくため、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」により、平成24年7月1日から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がスタートしました。
これは、太陽光をはじめとする自然エネルギーで発電した電力を、電気事業者に一定の期間・価格で買い取ることを義務づけるとともに、再生可能エネルギーを買い取る費用を、電気を利用する消費者がそれぞれ使用量に応じて、「賦課金」(サーチャージ)という形で電気料金の一部として負担するというものです。これに伴い従来の余剰買取制度に加え、自前の設備であっても発電した電力は一旦全て買い取られ、自家消費分の電力は別途系統電力で賄う全量買取制度が日本で初めて導入されました。

買取制度について

再生可能エネルギーの固定価格買取制度(平成25年4月〜平成26年3月)

太陽光発電システム 買取金額(1kWh当たり) 買取期間
税込 税抜
10kW未満(余剰買取) 38.00円 10年
10kW以上 37.80円 36円 20年
10kW未満(ダブル発電・余剰買取) 31.00円 10年

国による買取制度について説明します。
詳しくは資源エネルギー庁のホームページでご確認ください。

ページの先頭へ

エコソリューションズ社へ

住まいの設備と建材

法人向けトップ > 電気・建築設備エコソリューション > 太陽光発電・蓄電システム > 公共・産業用 太陽光発電システム > 全量買取制度