公共・産業用太陽光発電システム

固定買取制度のご紹介

平成24年7月1日からスタートした「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」。太陽光をはじめとする自然エネルギーで発電した電力を、電気事業者に一定の期間・価格で買い取ることを義務づけるとともに、再生可能エネルギーを買い取る費用を、電気を利用する消費者がそれぞれ使用量に応じて、「賦課金」(サーチャージ)という形で電気料金の一部として負担するという制度です。

平成26年度の買取制度について

国による買取制度について説明しています。
詳しくは資源エネルギー庁のホームページでご確認ください。
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/(別ウインドウで開きます)

みんなで育てる再生可能エネルギー

再生可能エネルギーの固定価格買取制度平成26年4月〜平成27年3月

太陽光発電システム 買取金額(1kWh当たり) 買取期間
10kW未満(余剰買取) 37円(税込) 10年
10kW以上(余剰・全量買取) 32円(税抜) 2 0 年
10kW未満(ダブル発電・余剰買取) 30円(税込) 10年
再生可能エネルギー固定価格買取制度の仕組み。
PPS:「Power Produce & Supplier」の略で、電力の新規参入者(特定規模電気事業者)のこと。
「売電」には、売電価格や期間が異なる2つの方式があります
全量買取にするには、発電電力をすべて電力会社に逆潮流するように専用の構内配線が必要になります。
余剰配線も選択可能です。
 電力会社によっては、ご希望の系統接続が承諾されない場合がございます。計画にあたっては、ご確認の上、進めていただけますようお願いいたします。
電力系統から見た場合。