Q&A一覧

  1. Q1.気象観測地点とは?
  2. Q2.最上階の形状を設定するには?
  3. Q3.屋根の形状を修正するには?
  4. Q4.太陽電池モジュールの出力や枚数を変更をするには?
  5. Q5.正確な現在の電気代と電気プランの入力は必要?
  6. Q6.シミュレーションの結果を保存するには?
  7. Q7.積雪地域(垂直積雪量が50pを超える地域)のシミュレーションで、軒の出、けらばの出を「0」mmにするのはなぜですか?

Q1.気象観測地点とは?

気象観測地点とは、気象庁が降水量、気温、日照時間、風向・風速などの観測のために設けている観測所の設置地域です。より正確なシミュレーションのために、最も近い地点を選んでください。

Q2.最上階の形状を設定するには?

PV屋根ピタでは、最上階(2階建の場合は2階部分)の形状を描いていただくことで、最上階の形状と太陽電池モジュールの設置状態をシミュレーションできます。
建物の図面をご用意いただくか、最上階の間取を確認して寸法と形状を描いてください。

最上階の形状を確定した後に、屋根の形状と勾配を選択することで、最上階の形状が自動的に作成されます。

Q3.屋根の形状を修正するには?

自動作成された屋根の形状を修正するには、軒の出などの数値を変更して実際の形状に近いよう調整します。

Q4.太陽電池モジュールの出力や枚数を変更をするには?

自動配置される太陽電池モジュールは最大枚数です。必要に応じて削除することができます。削除する場合は、削除する太陽電池モジュールを選択し、「選択したモジュールを消去」ボタンを押してください。最上階の形状やシステム容量を確認しながら画面上の操作で変更してください。また、北東・北西向けの設置は可能ですが、発電効率より推奨いたしません。

Q5.正確な現在の電気代と電気プランの入力は必要?

より精度の高いシミュレーション(現状との金額比較)を行うため、過去1年間の電気代の月平均をお客様にご確認ください。電気料金の請求書などをご用意いただくと確実ですが、ない場合はおおよその金額でもシミュレーション可能です。

Q6.シミュレーションの結果を保存するには?

太陽光発電導入後の電気代シミュレーション結果は、画面だけでなくPDFファイルとしても保存できます。

太陽電池モジュールの配置イメージ図と、年間電気代削減金額の印刷、PDF保存ができます。
画面上のボタンより保存、お客様との商談に活用ください。

Q7.積雪地域(垂直積雪量が50pを超える地域)のシミュレーションで、軒の出、けらばの出を「0」mmにするのはなぜですか?

積雪地域(垂直積雪量が50cmを超える地域)は、軒の出、けらばの出を、「0」 mmにしてください。

※雪止め金具はシミュレーション上、考慮していません。(免責事項に記載)

  • 戻る

© Panasonic Corporation 2018