工場建屋のエネルギー使用量“見える化”でピーク抑制と省エネ

建物分類 工場・倉庫・生産施設
都道府県 埼玉県
施主 株式会社 七星科学研究所
施工 みなと電材株式会社

株式会社七星科学研究所様は、1943年設立のコネクタメーカーです。
主力事業である「コネクタ」「ダイカスト」「開発センター」を中心に、高品質で環境にやさしい製品を製造されています。
生産工程別に工場建屋の電気使用量を「Emanage(エマネージ)」システムで見える化することにより、効果的な改修計画が可能となり、空調設備のデマンド制御でピーク対策を実現しています。

  • 電設資材

工場

【「Emanage(エマネージ)」機器一式 収納ボックス】
受配電盤内に設置されたEMS盤。

  • 電設資材

工場

【「Emanage(エマネージ)」機器一式】
生産工程別に分かれている工場建屋のエネルギー使用量を“見える化”しています。
空調設備のデマンド制御を行い、手間いらずの省エネを実現しています。

  • 電設資材

工場

【「Emanage(エマネージ)」機器配置】
ダイカスト棟を除き、熱源の少ない工場棟全ての空調制御を実施しています。(ダイカスト棟:ガス空調)

  • 電設資材

工場

【「Emanage(エマネージ)」による“見える化”効果】
使用電力量の比率から、対策が必要な設備を洗い出し、省エネ対策を検討します。
今回は、ダイカスト棟の使用電力量の比率が高いことが判明しました。
ダイカスト棟の使用電気量の内訳を検証し、稼働状況を見える化→省エネ対策へ繋げます。

  • 電設資材

工場

【「Emanage(エマネージ)」による快適性と自動制御の両立】
Emanage空調制御による冬季のデマンド対策を実施。温度制御による作業環境への影響が無いことが確認でき、Emanageによる実施データ(2017年11月20日(月)8:30‐9:00)では、使用電力量を約50kw削減しました。

  • 電設資材