リハビリ室の電源としてファクトラインを採用

建物分類 医療・福祉施設
都道府県 鹿児島県

鹿児島県にある医療法人 愛人会 川島病院様は、医療から介護に至るまで、総合的な対応を特長とされる病院です。
病棟の建て替えに際し、リハビリ室のベッドで使用するリハビリ機器の電源の取出しに、「ファクトライン20」と「リーラーコンセント」を採用されました。

  • 電設資材

手術室・診察室・施術室

以前は壁コンセントから給電していたため、壁面とベッド間の電線が邪魔になっていました。
設計段階では床用コンセントの設置を検討されていましたが、ベッドの位置が移動することから、コンセント位置を容易に変更できるファクトラインとリーラーコンセントを採用されました。

  • 電設資材

手術室・診察室・施術室

白色の天井に合わせ、空間にマッチするホワイト色のファクトラインとリーラーコンセントを設置しています。
床上に配線がないため、リハビリ中にケーブルにつまづいて転倒する心配がなく安心です。

  • 電設資材