建物分類 スポーツ施設
都道府県 北海道
施主 帯広市役所
設計 久米設計
その他 <設計>久米設計
電気工事 相互電業
竣工 2009年09月

長野エムウェーブに続く、国内2 番目の屋内スピードスケートリンク。
照明設備としては、国際大会が開催可能な照度レベル(平均照度1500lx 以上)を確保と眩しさの軽減を図り、世界でも有数のスピードスケートの拠点として国際大会の開催にも対応している。また、多目的広場ではフットサル、テニスなどの多岐にわたる利用促進を図っており、それぞれの利用目的に応じた点灯パターンを照明制御盤のタッチパネルで簡易に操作できるようしている。
平成21年照明普及賞 優秀施設賞受賞

  • 照明器具

採用商品

広間・ホール

スポットライト

JIS 基準で定めている必要照度(スピードスケート公式競技レベル 平均照度1500lx)の確保と、競技者へのまぶしさ軽減を図った。また、両サイドのキャットウォークに設置された投光照明により競技者の影が出ないように配慮した。

  • 照明器具

採用商品

広間・ホール

スポットライト

  • 照明器具

採用商品

広間・ホール

スポットライト

  • 照明器具

採用商品