ここから本文です。

事例詳細(物件)お気に入りを見る

東京芸術劇場

東京芸術劇場
画像を拡大
建物分類 文化施設・ホール
都道府県 東京都
施主 財団法人 東京都歴史文化財団
設計 株式会社松田平田設計、近田玲子デザイン事務所
電気工事 トーエネック・富士古河・愛工大興・向陽建設協同企業体
採用商品
  • 照明(NNY24261,特注品,NYY16528)
  • LED照明器具

東京芸術劇場は、東京都が都民のための芸術文化の振興と国際的交流を図るため、平成2年10月に開館されました。
クラシック専用の大ホール、演劇・舞踊等の公演を行う中ホールと、2つの小ホールを備えています。
加えて、4つの展示スペース、大小の会議室やリハーサル室も併せ持ち、展示や講座、ワークショップ等、さまざまな芸術活動も行うことができる複合的な芸術文化施設です。
平成23年春から取り組まれた劇場施設の改修工事が終了、リニューアルオープンされました。
それに伴い、アトリウム・エントランスをはじめとした共用部・会議室・オフィスなどの照明をLED化され、省エネを図っています。
大中小各ホールの既存開口穴を利用するため、特注の照明器具をご採用されました。

この物件の採用商品を見る
アーケード・アトリウム・地下街/エントランス・ロビー・EVホール
  • ベース照明(直付)
エントランスの照明は高天井に取り付けるため、メンテナンスが困難な場所にLED投光器を採用しています。
採用商品
エントランス・ロビー・EVホール
昇降機の取付けが可能な場所は、特注のCDMT150W超狭角投光器を採用しました。
採用商品
アーケード・アトリウム・地下街
吹き抜け周囲だけに配置したLEDダウンライトと壁面への間接照明で、円形の広場が浮かび上がってみえます。
採用商品
アーケード・アトリウム・地下街
採用商品
エントランス・ロビー・EVホール
  • ベース照明(埋込)
グレアレスダウンライ採用で、空間に落ち着き感をかもし出しています。
写真左側のコーニス照明が光のアクセントになっています。
採用商品
アーケード・アトリウム・地下街
小口径LEDダウンライトを壁面のルーバー間に配置しています。
採用商品
広間・ホール
中ホール・大ホールとも、グレアを抑え落ち着きある光環境を創出しています。
施主様の要望により、照明器具はノイズを考慮し、ハロゲンランプを使用しました。
採用商品
  • 照明(特注品)
広間・ホール
天井高さが異なるため、3種類の配光と2種類のW数で照度を確保しています(平均200Lx)。
採用商品
  • 照明(特注品)