環境エンジニアリング

発電設備

コージェネレーションシステム

コージェネレーションシステムとは一つの燃料(ガス・重油等)から電気と熱エネルギー(蒸気・温水等)を取出すシステムです。例えば1,000kW級ガスタービンコージェネシステムでは発電効率約25%、排熱回収率約50%になるため総合熱効率は約75%と高いエネルギー効率が得られます。また瞬時停電対策や非常用発電設備として兼用できる場合があります。

コージェネレーションシステムの総合効率

非常用発電設備

商用電源が停電した場合、防災設備に電源供給する防災電源としての位置付けになっており非常に重要です。また非常時においても、お客様の事業の継続は危機管理上必要不可欠となっております。発電機容量、燃料選定から計画立案、施工、メンテナンスまでをご提案させて頂きます。

非常用発電設備起動停止フロー図の例

非常用発電設備起動停止フロー(例)