法人向けトップ > 電気・建築設備ライフソリューション > 電設資材 > スイッチ・コンセント(配線器具) > 納入事例 > USBコンセント > HTM株式会社(木ニセコ(KI NISEKO)運営会社)

HTM株式会社(木ニセコ(KI NISEKO)運営会社)

USBコンセントの導入でラグジュアリーホテルの客室とサービスが一気にスマート化!

北海道ニセコに世界で評判のラグジュアリーなリゾートホテル

ラグジュアリーホテル「木ニセコ」の概要についてお聞かせください。

ピッカリング:私たちのホテル「木ニセコ」は、北海道の新千歳空港から車で約3時間の地に、2014年12月開業しました。ニセコの雄大な大自然の真っただ中にあるのが自慢です。客室数は104室と小規模ですが、冬季はスキー、夏季は温泉やアウトドアライフが満喫できるラグジュアリーなリゾートホテルを目指しています。
お客様は海外からの人が多く、特に冬場はスキーを楽しむオーストラリアやアジアの方で賑わっています。滞在期間は平均4、5泊、多い人で2週間です。夏場は、外国の方だけでなく国内の方にもニセコの自然を味わっていただくよう、短期滞在を中心にセールスを展開しているところです。

ホテルを媒介にニセコの魅力を世界にアピール

どうしてニセコでホテルを開業しようと思われたのでしょうか。

石川:ニセコの大自然に魅せられたのはもちろんなのですが、プロジェクトを指揮する当社マット デニング社長の思いがニセコを選ばせました。
社長の思いとは「日本の経済力の活力のひとつになりたい」「北海道ニセコから世界に通じる人材を輩出したい」という熱い気持ちです。その一環としてこのホテルを開業し、さらに英語教育が普及されるよう、奨学金制度を設けました。このホテルを通じて世界とつながり、ニセコの人を、文化を、自然を世界デビューさせるのが私たちの夢です。 そして世界中に一人でも多くニセコファンを増やしたいのです。

客室の快適さの向上にUSBコンセントが大きく貢献

「木ニセコ」ならではの快適さへのこだわりについて教えてください。

ピッカリング:夏季の稼働率アップを実現するために、1〜2泊が多い日本人のお客様でも十分満足していただけるホテルを目指しました。 そのために快適な居住空間づくりにはさまざまな工夫を凝らしています。 例えば、客室は可能な限りシンプルでコンパクトにするために、  一番大きいタイプでも客室面積は76u程度としました。 そうすることで利便性の高さと清潔さを同時に実現しました。 WiFiやUSBコンセントを各客室に採用したのも、 お客様に便利な設備として喜んでいただけると確信があったからです。

導入の決め手はブランドの信頼とデザイン性の高さ

パナソニックのUSBコンセントを導入された理由についてお聞かせください。

ピッカリング:お客様のチェックアウト後に客室に入ると、ベッドサイドのナイトテーブルが動かされていることが多々ありました。理由は、お客様がナイトテーブルの後ろ側にあるコンセントで、変換アダプタを使って充電していたからだと分かりました。そんなお客様のニーズと、客室は使いがってがよくコンパクトな空間であることにこだわる私たちの要望に、ジャストに応えてくれたのが発売間もないパナソニックのUSBコンセントでした。今では、海外からのお客様を迎える上で、USBコンセントは必要不可欠な設備だと認識しています。

石川:USBコンセントは色々なメーカーが販売していますが、私たちがパナソニックの商品に決めた理由は、商品の信頼性はもちろん、ブランドの安心感と安定感を高く評価したからなんです。それとデザイン性ですね。パナソニックのUSBコンセントのダークブラウン色(プレート)とグレー色(USBコンセント)は落ち着いた色合いで上質感を醸し出しアースカラーを基調とするホテルの色彩に、ピッタリでした。
(プレートはグレーシアシリーズとの組合せにてご採用)

就寝前 ベットサイドでUSBコンセントを利用されるニーズは多いです。

USBコンセントがホテルのさまざまなことを一気にスマート化!

USBコンセントを採用されたことで、ホテルとお客様にはどんな変化が生じましたか。

ピッカリング:スマホやタブレットを日常的に使いこなす海外のお客様が多いので、従来は変換プラグなどの準備は怠れませんし、それぞれの国ごとにプラグを用意する必要がありましたが、今はその煩わしさがありません。104部屋に対して変換アダプタの貸し出しは20セットほどで間に合っています。それに部屋にさまざまなコンセントを備え付ける必要がなくなり、美観も良くなりました。お客様も充電のためにわざわざフロントに電話をする手間も省けますしね。

石川:お客様にすると、就寝前にベッドサイドのコンセントで充電されるケースが多いので、近くにUSBコンセントがあると安心されるようです。

ピッカリング:コンセントをUSBコンセントに変えるだけで、さまざまなことが一気にスマート化された気がします。客室はすっきりとして美観が向上しましたし、スタッフも変換アダプタをお届けする手間から解放されました。そして、お客様の充電がスマートになったことが一番うれしい変化ですね。

木ニセコ(KI NISEKO)

〒044-0081 北海道虻田郡倶知安町山田183-43
お問い合わせ 0136-21-2565
URL http://kiniseko.com/ja

USBコンセントの詳細はこちら

法人向けトップ > 電気・建築設備ライフソリューション > 電設資材 > スイッチ・コンセント(配線器具) > 納入事例 > USBコンセント > HTM株式会社(木ニセコ(KI NISEKO)運営会社)