施工のポイント

防水コンセント 2コ口

エクステリアの電源に。

取付方法

取付方法

取り付け方

取り付け方

取り外し方

1はずし溝にドライバーを差し込み、矢印方向に押し下げる。2化粧カバーを上方向にスライドさせて取り外す。注)マイナスドライバーは無理にこじらないでください。 化粧カバーが破損するおそれがあります。

極配置・適合プラグ

WK4602SK、QK、WK、BK

WK4602SK、QK、WK、BK

φ32接地キャップ2コまたは、
φ39接地防水ゴムキャップ1コと平型キャップ1コ

防水コンセント 3コ口

取付方法

器具は必ず地上30センチメートル以上あけて取り付けてください。

取り付け方

「カチッ」と音がするまで
スライドさせて取り付けます。

取り外し方

はずし溝にマイナスドライバーを差し込み、カバーを外す。  注)マイナスドライバーは無理にこじらないでください。化粧カバーが破損するおそれがあります。

極配置・適合プラグ

● WK4603S・Q・W・B

φ39接地キャップ2コ(両端使用の場合のみ)
+平型キャップ1コ
φ39 2Pキャップ2コ(両端使用の場合のみ)
+平型キャップ1コ

φ32接地キャップ3コ
φ32 2Pキャップ3コ

平型キャップ3コ
(φ32接地キャップ、φ32 2Pキャップの混在可)

[電子]EEスイッチ付フル接地防水コンセント

庭園灯の自動点灯・消灯に。

取付方法

● EE4553S・Q・W・B
● EE45534S・Q・W・B
取付方法EE4553S・Q・W・B
取付方法EE45534S・Q・W・B

●柱・板への取り付け方
 木ねじで確実に取り付けてください。

●コンクリート壁への取り付け方
 目板を使用して取り付けてください。
 目板は、コンクリート釘または接着剤などで
 堅固に固定してください。

負荷接続灯数はこちらをご参照ください。

防雨入線カバー

TV・電話線の引き込みに。
●電線引き込み後でも器具の取り付けが可能です。
●複数本の電線を固定できるインシュロック方式を採用。
●同軸ケーブルS-7C-FB (またはS-5C-FB)が4本まで入線可能です。

取付方法

取付方法

(1) カバーの取り外し方は2ヵ所のドライバー挿入部の片側を押し下げ、続けてもう片側も押し下げ、カバー両側を上方向に外した後スライドさせて取り外します。
(2) ボディから固定チップを取り外し 、電線をボディに通した後、再び固定チップをボディに取り付け木ねじで壁に固定します。
(3) インシュロックタイで電線を固定しカバーを取り付けてください。
(4) カバーの取り付けは「カチッ」と音がするまでスライドさせて取り付けてください。

防雨引込カバー

電力線の引き込みに。
●電線引き込み後でも器具の取り付けが可能です。
●電線径φ30mm:1本、または、φ15mm:3本の電線が引き込み可能です。

取付方法

(1) カバーを上にスライドさせボディから取り外してください。
(2) 固定チップをボディから外し、電線をボディに通してから固定チップを再びボディに戻してください。
(3) 壁の穴がボディの中心にくるように位置合わせをして、ボディを木ねじで固定してください。
(4) 再びカバーを取り付けてください。

防雨形ジョイントボックス

インターホンや庭園灯などの電力線・弱電線の引き出しに。

取付方法 (イラストはWJ4611S・Q・W・B)

取付方法

[EV・PHEV充電用] カバー付屋外コンセント

取り付け方

取り付け方

取り付け高さについて

●内線規程ではコンセントの取り付け高さが地上30p以上とされていますが、
 毎日のご使用を考慮し、地上90cm〜120cmの高さに設置することをおすすめします。

防水効果を高めるには

防水ブッシング WK9905K をご使用ください。(別ウインドウで開きます)

【ご注意】
WK9906防水ブッシング(スマートデザインシリーズ用)は使用できません。

ご注意

●毎日使用しますので、堅ろうな壁に取り付けてください。
●ボックス工事の場合、スイッチボックスが壁面より浮き出ていると、
 防水効果が悪くなりますのでご注意ください。
●器具上部は5mm以上あけて取り付けてください。
 カバーの取り付けができなくなります。
●電源プラグが引っ張った状態になる場所には取り付けないでください。
 ロックが外れて電源プラグが抜けるおそれがあります。

ご注意

[EV・PHEV充電用] 屋外コンセント

充電用コンセントに求められる「利便性」の向上を実現。

取り付け方

取り付け方

取り付け高さについて

●内線規程ではコンセントの取り付け高さが地上30cm以上とされていますが、
 毎日のご使用を考慮し、地上90cm〜120cmの高さに設置することをおすすめします。

防水効果を高めるには

防水ブッシング WK9905K をご使用ください。(別ウインドウで開きます)

【ご注意】
WK9906防水ブッシング(スマートデザインシリーズ用)は使用できません。

防水ブッシング(WK9905K)[別売]

ご注意

●毎日使用しますので、堅ろうな壁に取り付けてください。
●ボックス工事の場合、スイッチボックスが壁面より浮き出ていると、
 防水効果が悪くなりますのでご注意ください。
●器具上部は5mm以上あけて取り付けてください。
 カバーの取り付けができなくなります。
●電源プラグが引っ張った状態になる場所には取り付けないでください。
 ロックが外れて電源プラグが抜けるおそれがあります。

ご注意

WHMボックス(隠蔽配線用)1コ用・2コ用

取り付け方

1コ口、2コ口の取り付け方
設置に関するご注意

高温・多湿・じんあい・腐食性ガス・振動・衝撃など異常な環境での使用は避けてください。
取付板を取り付ける壁面は平らな面を選んでください。
凹凸のある場所へ無理に取り付けると取付板が変形するおそれがあります。

施工に関するご注意

取付板を取り付けるときに木ネジの締めすぎでネジが空回りしないように注意してください。
電力量計を取付板に取り付ける際のタッピンネジの適正締付トルクは3.0〜3.5 N・mです。
本製品の適用電線サイズは22mm2以下です。38mm2以上の電線を接続する場合はカバー下側のノックアウトからの挿入になります。

1.カバーの着脱

取り外し
取り付け
取り外し

(1) カバー底面の取付ネジを緩める。
(2) カバーの下側を持ち上げて外す。

取り付け

(1) カバー上部の爪を引掛ける。
(2) カバーを閉める。
(3) 取付ネジを締め付ける。

2.封印

封印

WHMボックスにて封印を行う場合は
ボックス底面の封印用穴をご使用ください。

3.ノックアウトの開口 (※)

  • ※ ノックアウトを開口して電線を引き込む場合
ノックアウトの開口

(1) ノックアウト外周にカッターナイフなどで切り込みを入れる。
(2) 切り込みを入れたノックアウトをペンチ、ニッパなどで切り落とす。
(3) 切り取った後の切断面をカッターナイフ、ヤスリなどでバリ処理を行う。

4.カード紙の取り付け (※)

  • ※ 部屋番号などの表記が必要な場合
カード紙の取り付け

(1) カード紙の折り曲げ部を折る。
(2) カバーの裏側、窓下部にカード紙を差し込む。

5.隠蔽配線推奨施工手順

(1) 取付け位置を決め、取付板を仮止め用穴を用いて仮止めし、水平出しを行う。

(2) 通線孔の中心点を記す。

(3) 取付板を壁から取り外し、φ35のホルソーで壁面に通線孔を開ける。

(4) 通線孔から電線を引き込み、貫通材(本体)に電線を通し、コーキング処理を施して貫通材(本体)を壁面に固定する。

(5) 取付板を貫通材(本体)にあわせて水平出しを行いながら壁面に付属の木ネジ(4.5-56)にて取り付ける。
取付板を壁面に取り付け後、貫通材(リング)を締め付ける。
注)外壁材の種類によっては付属の木ネジが使用できない場合があります。

(6) 電力量計を取付板に取り付ける。計器掛けネジに電力量計を掛け、付属のタッピンネジ(4.5-25)で取り付ける。
(タッピンネジ適正締付トルク3.0〜3.5 N・m)
電力量計を取り付け後、配線を行う。

(7) 貫通材(本体)内部および取付外周部をコーキング処理する。
(8) カバーを取り付ける。