感熱お知らせコンセント 異常な過熱を検知して電気火災を未然に防止。コスモシリーズワイド21・アドバンスシリーズとプレートは統一規格で、器具の連接も可能です。感熱お知らせコンセント 異常な過熱を検知して電気火災を未然に防止。コスモシリーズワイド21・アドバンスシリーズとプレートは統一規格で、器具の連接も可能です。

特長

感熱お知らせコンセントの過熱実験動画

感熱お知らせコンセントが動作する様子を実験で再現しました。
(動作音を聞くことができます。音声をONにしてご視聴ください。)

ショート版(1分30秒)

感熱お知らせコンセントの過熱実験動画

ロング版(3分)

感熱お知らせコンセントの過熱実験動画

電気火災の主な原因

電気火災は金属接触部の「過熱」が主な原因。
移動させない家電、タコ足配線が「熱劣化」の原因となり火災を発生させています。

電気火災の主な原因

3つのステップで火災を防止

感熱お知らせコンセントは、3つの機能を用いて火災を防止します。

1.過熱をとらえる

1.過熱をとらえる

コンセント内部の異常な過熱を検知

2.異常を知らせる

2.異常を知らせる

異常を音とランプでお知らせ

3.電気を止める

3.電気を止める

さらに温度が上昇すれば電気を自動遮断

  • 断線などによるコードの過熱など、すべての異常な過熱を検知するものではありません。また、すべての電気火災を防止するものではありません。

おすすめの設置場所

長期間コンセントを差し続ける家電製品の近くに設置をおすすめします。

冷蔵庫に

冷蔵庫に

テレビに

テレビに

洗濯機に

洗濯機に

ヒーターに

ヒーターに

各部の名称とはたらき

各部の名称とはたらき

お知らせ機能(ブザー・表示灯)

コンセント回路遮断前に、ブザーと表示灯で異常をお知らせします。
(表示灯については、動作説明をご参照ください。)

テスト/ブザー停止ボタン

  • ●ブザー音を停止させるとき→長押し [約1秒]
  • ●正常時に戻すとき→短押し [1秒以内]

セットスイッチ(遮断機能)

異常過熱検知後、コンセント回路を遮断します。

温度センサ内蔵

コンセントの温度変化を見守ります。

商品ラインアップ

アドバンスシリーズ

感熱お知らせコンセント

WTL35123W
WTL35123W

希望小売価格 11,800円(税抜)

感熱お知らせコンセント
(埋込コンセント・アースターミナル付接地コンセント)
(感熱お知らせ・遮断機能付)
(金属枠付)(セラミックホワイト)
15A 100V AC

適合プレート

WTA7101WK
WTA7101WK

希望小売価格 320円(税抜)

スイッチプレート
(1連用)
(マットホワイト)

  • ワイドモジュールコンセントのため、スイッチプレートを組み合わせてください。
  • ●コンセントプレートには適合しません。

コスモシリーズ ワイド21

感熱お知らせコンセント

WTN35123W
WTN35123W

希望小売価格 9,800円(税抜)

感熱お知らせコンセント
(埋込コンセント・アースターミナル付接地コンセント)
(感熱お知らせ・遮断機能付)
(金属枠付)(ホワイト)
15A 100V AC

  • ワイドモジュールコンセントのため、スイッチプレートを組み合わせてください。

適合プレート

WTC7101W

ラウンド

WTC7101W

希望小売価格 120円(税抜)

スイッチプレート
(1連用)
(ホワイト)

WT8101W

スクエア

WT8101W

希望小売価格 120円(税抜)

スイッチプレート
(1連用)
(ホワイト)

  • ●コンセントプレートには適合しません。

仕様・各種図面

動作説明

動作説明
項目 お知らせ機能 セット
スイッチ
の状態
製品の状態 ブザー音
異常灯の
表示
電源灯の
表示
正常時 使用できます。 なし
異常
モード1
製品の温度が上がっています。ご使用を停止し、
下記「点検内容」の「異常チェック項目」を確認し、
異常を取り除いてください。
製品温度が下がるまで、10分以上お待ちいただいたのち、ご使用ください。
  • 再度、ブザー音が鳴る場合は、施工店にご相談ください。
ピーピッ、
ピーピッ
(永続)
異常
モード2
製品の温度が上がっています。ご使用を停止し、
下記「点検内容」の「異常チェック項目」を確認し、
異常を取り除いてください。
製品の温度が下がるまで10分以上お待ちいただき、
「テスト/ブザー停止ボタン」を「短押し」してください。
ピーッ、
ピーッ、
ピーッ
(永続)
異常
モード3
製品裏面(結線部)の温度が上がっています。
使用を停止し、直ちに系統ブレーカーを「切」にし、施工店にご相談ください。

点検内容

異常チェック項目

  • ●1500W以下で使用しているか
  • ●プラグは奥までしっかり差し込まれているか
  • ●プラグの刃は汚れていないか
  • ●熱機器(ヒーターなど)が近接していないか
  • ●変色、異臭はないか
  • ●プラグの故障(刃の曲がり、断線等)はないか

施工上のご注意

  • ●電線収納を容易にするため、取付部の奥行き42mm以上を確保してください。(厚み9.5mm石膏ボード+標準ボックス想定)
  • ●線間絶縁抵抗測定やブレーカのトリップテストでは、この製品は外してください。
  • ●ストーブ熱の当たる場所、暖房の吹出口などには取り付けないでください。
施工上のご注意

寸法図(寸法表示単位:mm)

WTL35123W

WTL35123W

WTN35123W

WTN35123W