一体型LEDベースライト「iDシリーズ」 グレアセーブライトバー スペースコンフォートタイプ

閉じる
快適な明るさ感のあるUGR19~21レベルの空間を実現

一体型LEDベースライト「iDシリーズ」のスペースコンフォートタイプライトバーです。快適な明るさ感のあるUGR19~21レベルの空間を実現します。発行面の輝度をさらに抑えることで液晶ディスプレイへの映り込みも低減。オフィスの執務空間に特におすすめです。

A・B両方向への輝度を抑制

輝度画像・配光形状比較イメージ

一般タイプ スペースコンフォートタイプ
A(鉛直角75°)方向の輝度分布画像 輝度分布画像 輝度分布画像

輝度抑制

B(鉛直角75°)方向の輝度分布画像 輝度分布画像 輝度分布画像

輝度抑制

配光曲線(cd/1,000 lm)暫定値
垂直A断面
垂直B断面
配光曲線の図 配光曲線の図

配光制御

  • いずれも5200 lmタイプ。下面開放型W220 NNLK42722Jとの組合せでの比較。

新形状とピラミッド形状のプリズムパネルを採用

ライトバー断面形状イメージ

ライトバー断面形状イメージの画像
イトバー断面形状イメージの画像

UGR19~21レベルのオフィス空間を実現

スペースコンフォートは快適な明るさ感のあるUGR19~21レベルのオフィス空間を実現します。

  • UGR数値は当社基準による計算値であり、ライトバーの明るさタイプ、光色、組み合わせる本体や器具配置、内装条件、見る方向により19~21レベルを外れる場合があります。

液晶ディスプレイへの映り込みを低減

横方向への光を抑えることにより、従来の一般タイプライトバーに比べ、映り込みを低減しました。

  • 液晶ディスプレイへの映り込みを厳しく制限したい場合は、OAコンフォートをご使用ください。

液晶画面への映り込み比較イメージ(非光沢画面)

「iDシリーズ」一般タイプ

液晶画面への映り込み比較イメージ

「iDシリーズ」 グレアセーブライトバースペースコンフォートタイプ

液晶画面への映り込み比較イメージ

スペースコンフォートタイプの比較

従来蛍光灯ルーバ付 「iDシリーズ」
グレアセーブ
スペースコンフォートタイプ
「iDシリーズ」
一般タイプルーバ付

Hf32形スペースコンフォート
高出力型×2灯
フリーXF323SCA PH9
(2019年3月末生産終了品)

40形下面開放タイプW220
5200 lmタイプ
埋込XLX450UJNT LE9

40形フリーコンフォートW150 スペースコンフォート
6900 lmタイプ
埋込XLX464FENT LE9

まぶしさ抑制機能 UGR19〜21レベル
平均照度

931 lx

735 lx
明るさ約79%同等の明るさ

737 lx

消費電力

86 W

31.9 W
約62%省エネ約25%省エネ

43.1 W

希望小売価格
(税抜)

50,600円

41,500円
9,100円ダウン14,200円ダウン

55,700円

比較条件:設置台数54台、室空間19.2m×12.8m×天井高さ2.7m 床上0.7m/反射率:天井50%、壁30%、床10% 保守率:蛍光灯0.69、LED器具0.77

  • 当社蛍光灯器具フリーXF323SCA PH9(2019年3月末生産終了品)と「iDシリーズ」グレアセーブライトバー40形5200 lmタイプ(埋込XLX450UJNT LE9)、「iDシリーズ」40形6900 lmタイプ(埋込XLX464FENT LE9)の比較。

商品ラインアップ

各記号をクリックすると商品詳細へ遷移します。

昼光色(6500K)、昼白色(5000K)、白色(4000K)、温白色(3500K)、電球色(3000K)、 黄色
…標準品 …加工対応品

省エネタイプ

40形

PiPit調光 調光 非調光
5200 lmタイプ
Hf32形×2灯定格出力型器具相当
-

一般タイプ

40形

PiPit調光 調光 非調光
5200 lmタイプ
Hf32形×2灯定格出力型器具相当
4000 lmタイプ
FLR40形×2灯器具節電タイプ

20形

PiPit調光 調光 非調光
3200 lmタイプ
Hf16形×2灯高出力型器具相当
1600 lmタイプ
Hf16形×1灯高出力型器具相当
FL20形×2灯器具相当
800 lmタイプ
FL20形×1灯器具相当
- -

その他のグレアセーブ商品を見る

形状や明るさなどを選ぶだけで簡単に本体とライトバーの品番を選定できます。

器具本体の形から商品を探す