一体型LEDベースライト「iDシリーズ」 かんたん無線調光PiPit(ピピッと)調光シリーズ

閉じる
PiPit調光シリーズ かんたん施工で調光システムを手軽に導入

一体型LEDベースライト「iDシリーズ」のかんたん無線調光PiPit調光シリーズ対応ライトバーです。信号線工事不要の省施工でスピーディーに調光システムを導入できます。時間・場所・用途などに応じて、適正な明るさにコントロールでき、快適な空間を実現できます。

基本システム

信号線工事が不要だから短工期・省施工

PiPit調光シリーズは調光型LED照明器具を導入する際に必要な信号線の配線工事が不要。器具の取り替えだけで、調光システムの導入が可能です。

  • PiPit+は一部信号線工事や電源工事が必要となります。

ライトコントローラはコンセントを利用した取り付けも選択可能

PiPitライコンは、電源工事による壁付けのほか、コンセントを利用した取り付け方法もお選びいただけます。

  • PiPit+は一部信号線工事や電源工事が必要となります。

各種コントローラでかんたん操作

PiPitハンディライコンやPiPitライコンを使い、初期の設定や操作がかんたんに行えます。

充実の対応照明器具

「iDシリーズ」、スクエアシリーズをはじめ、ダウンライト、高天井用照明器具など、充実のラインアップ。

ラインアップはこちら

使いやすいPiPitハンディライコンで、かんたん設定、かんたん操作

コントローラの組み合わせでさまざまなシーンに対応

タイマー機能で時間帯にあわせて自動調光。設定した照明器具をまとめて明るさコントロール

PiPitハンディライコンを使って、器具1台1台の明るさ設定・操作を行うことが可能です。

  • ペアリング設定されている場合、PiPitハンディライコンでの調光操作はできません。
  • 照明器具を密集して設置した場合には、複数の器具が同時に操作・設定されることがあります。
  • 消灯状態を設定することはできません。(安全面に考慮し、0%の調光状態は記憶されません)
  • 操作は器具の真下でしてください。

活用例

オフィス執務室での不在エリアの省エネに(プルスイッチ付照明器具との比較)

プルスイッチ付照明器具でのON/OFFと比較した場合、照明器具の明るさをPiPitハンディライコンで調光できるため、省エネ効果がアップします。さらに、PiPitハンディライコンで操作するため、照明器具から出る引き紐も無く、見た目もスッキリします。

1台ごとに引き紐を使ってON/OFF。

1台ごとにPiPitハンディライコンでON/OFF

設定した照明器具をまとめて明るさコントロール

PiPitライコン1台につき、ひとつのゾーンをコントロールすることが可能です(ゾーンはPiPitハンディライコンで設定)。

  • 複数のゾーンをコントロールするためには、PiPitライコンが複数台必要となります。

複数台のPiPitライコンで、複数のゾーンを制御することが可能。

ゾーンの再設定もラクラク

レイアウト変更により、制御エリアを変更したい場合、PiPitハンディライコンを使用することによって簡単に再設定できます。

活用例

電源線はそのままで、1回路制御から複数回路制御へのリニューアルを実現。

従来、制御回路の増設には大規模な電源工事や信号線工事が必要でしたが、PiPitライコンを複数導入・活用することで、電源線はそのままで複数のゾーン制御にリニューアルすることができます。

  • ● 電気料金区分が ダウン!
  • ● 器具設置間隔が アップ!

タイマー機能で時間帯にあわせて自動調光。設定した照明器具をまとめて明るさコントロール

一日のスケジュールの設定が可能。時間帯に応じたシーンを設定することで節電が図れます。

電源線はそのままで、1回路制御から複数回路制御へのリニューアルを実現。

PiPitライコン スケジュール機能付」に記憶できる3種類の24時間スケジュールのうち2種類は、予め「オフィス用」「店舗用」のプリセットスケジュールが記憶されており、設定なしですぐにスケジュール運転を開始することができます。プリセットスケジュールは、内容を修正して使用することもできます

  • タイムスケジュールはイメージです

オフィス用プリセットスケジュール

店舗用プリセットスケジュール

スケジュール制御を行った場合従来蛍光灯と比較して約70%省エネ

PiPit調光シリーズと「iDシリーズ」40形(一般タイプ)、Hf32形定格出力型×2灯との比較

従来蛍光灯 PiPit調光シリーズ 一般タイプ

Hf32形定格出力型×2灯
(FSA42001F VPN9)
2019年3月末生産終了品

器具:40形 DスタイルW230
5200 lmタイプ
(直付XLX450DENT RZ9)

40形 DスタイルW230
5200 lmタイプ
(直付XLX450DENT LE9)

平均照度

753 lx

834 lx
同等以上の
明るさ
同等の明るさ

834 lx

消費電力

66 W

32.3 W

31.9 W

合計消費電力

3564W

約1047W

PiPit調光シリーズによる
省エネ率=約40%

※タイマー制御による省エネ率=約30%
※初期の明るさの調整による省エネ率=約10%

約70%省エネ約39%省エネ

1723W

器具台数

54台

54台

54台

比較条件 : 設置台数54台、室空間19.2m×12.8m×天井高さ2.7m 床上0.7m/反射率:天井50%、壁30%、床10%

トータルコスト比較

PiPit調光シリーズは、従来器具と比較して約3.4年でほぼ同等。

  • Hf32形定格出力型×2灯 FSA42001F VPN9(2019年3月末生産終了品)の場合。

PiPit調光シリーズ 特長説明

設置上の注意・使用方法はこちら

商品ラインアップ

各記号をクリックすると商品詳細へ遷移します。

昼光色(6500K)、昼白色(5000K)、白色(4000K)、温白色(3500K)、電球色(3000K)、 黄色
…標準品 …加工対応品

「iDシリーズ」110形

下記PiPit調光タイプライトバーと器具本体を組み合わせてお選びください。

PiPit調光タイプ
ライトバー

13400lmタイプ(Hf86形×2灯定格出力型器具相当)
6400lmタイプ(Hf86形×1灯定格出力型器具相当)
10000lmタイプ(FLR110形×2灯器具節電タイプ)
5000lmタイプ(FLR110形×1灯器具節電タイプ)

対応器具本体

  • DスタイルW150・W230
  • 反射笠付型
  • iスタイル
  • スリムベース
  • 下面開放型W150・W190・W220・W300・W220(Cチャンネル回避型)

「iDシリーズ」40形

下記PiPit調光タイプライトバーと器具本体を組み合わせてお選びください。

PiPit調光タイプ
ライトバー

10000lmタイプ(Hf32形×3灯高出力型器具相当)
6900lmタイプ(Hf32形×2灯高出力型器具相当)
3200lmタイプ(Hf32形×1灯高出力型器具相当)
5200lmタイプ(Hf32形×2灯定格出力型器具相当)
2500lmタイプ(Hf32形×1灯定格出力型器具相当)
4000lmタイプ(FLR40形×2灯器具節電タイプ)
2000lmタイプ(FLR40形×1灯器具節電タイプ)

対応器具本体

  • DスタイルW150・W230
  • 反射笠付型
  • iスタイル
  • スリムベース
  • コーナーライト
  • ウォールウォッシャ
  • 下面開放型W100・W150・W190・W220・W300・W220(Cチャンネル回避型)
  • 埋込型スクールコンフォートW100・W220

「iDシリーズ」40形グレアセーブライトバー

下記PiPit調光タイプライトバー(グレアセーブ)と器具本体を組み合わせてお選びください。

PiPit調光タイプ
ライトバー
(グレアセーブ)

スペースコンフォートタイプ
5200lmタイプ(Hf32形×2灯定格出力型器具相当)
4000lmタイプ(FLR40形×2灯器具節電タイプ)
マルチコンフォートタイプ
6900lmタイプ(Hf32形×2灯高出力型器具相当)
3200lmタイプ(Hf32形×1灯高出力型器具相当)
5200lmタイプ(Hf32形×2灯定格出力型器具相当)
4000lmタイプ(FLR40形×2灯器具節電タイプ)
コンフォートタイプ
6900lmタイプ(Hf32形×2灯高出力型器具相当)
3200lmタイプ(Hf32形×1灯高出力型器具相当)
5200lmタイプ(Hf32形×2灯定格出力型器具相当)
4000lmタイプ(FLR40形×2灯器具節電タイプ)

対応器具本体

  • iスタイル
  • スリムベース
  • 下面開放型W150・W190・W220・W300

「iDシリーズ」20形

下記PiPit調光タイプライトバーと器具本体を組み合わせてお選びください。

PiPit調光タイプ
ライトバー

3200lmタイプ(Hf16形×2灯高出力型器具相当)
※昼光色、白色、温白色、電球色は加工対応となります。
1600lmタイプ(Hf16形×1灯高出力型器具相当)
※昼光色、白色、温白色、電球色は加工対応となります。

対応器具本体

  • DスタイルW150・W230
  • 反射笠付型
  • iスタイル
  • スリムベース
  • 下面開放型W100・W150・W190・W220・W300

関連商品

形状や明るさなどを選ぶだけで簡単に本体とライトバーの品番を選定できます。

器具本体の形から商品を探す