パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電気・建築設備ライフソリューション > 照明器具 > LED照明 > 納入事例レポート 店舗(飲食) > サトレストランシステムズ株式会社(和食さと 神戸星陵台店)

ここから本文です。

サトレストランシステムズ株式会社(和食さと 神戸星陵台店) / 兵庫県神戸市

事例写真:サトレストランシステムズ株式会社(和食さと 神戸星陵台店) / 兵庫県神戸市
環境・省エネモデル店としてLED照明を採用。CO2削減に加え、店内の雰囲気もアップ
和食さと 神戸星陵台店
店長 服部様
写真:和食さと 神戸星陵台店 店長 服部様
「和食さと神戸星陵台店」様は、環境・省エネモデル店として、既存店とはかなり違う設計がされています。店長の服部様は「LED照明は従来の照明より明るく、ランプメンテナンスフリーという利点もあり、今後のランニングコストの推移に期待しています」と屋外などのLED化も前向きに検討されています。

導入目的

1.イニシャルコスト分の採算はとれるのか?
客席のハロゲンランプをLED照明に。電力消費量が約1/8でランニングコストを抑制。
これまでも既存店にオール電化を導入するなど省エネに尽力されていましたが、7.8WのLED照明なら65Wのハロゲンランプに比べ電力消費量が約1/8 に低減することから、客席の照明にLED照明をご採用。イニシャルコストや性能を考えて、高効率タイプのLEDダウンライトを選ばれました。
2.外食産業にはおいしく見せる照明が必要
比較実験で料理の見栄えや照度をチェック。気持ちよく食事ができる明るい空間に。
外食産業にとって照明は、料理の照りや色を引きたてる演色性と、お客様が満足できる明るさが必要。事前にハロゲンランプ、電球型蛍光灯とも比較し、性能を十分ご検討された上で導入に至りました。夜間、外から眺めた時に明るさが際立ち、ライティングの効果で良質な雰囲気が漂う店内となりました。
3.営業中の球切れが心配…
寿命 約40,000時間のLED照明採用でスタッフのランプ交換の手間を削減。
営業時間中の球切れはお客様の居心地を左右するため、LED照明のランプ寿命が長いことが大きな利点となりました。従業員にとっても煩わしいランプ交換が減り、メンテナンスにかかる時間や人件費を節約できます。今後は客席だけでなく、軒下や植栽の照明にもLED照明の導入を検討されています。

導入後

  • 事例写真
  • 電球色のLEDダウンライトで温もりのある空間づくり。
  • テーブルは明るく、必要のない部分は明るさを落とすといった工夫で雰囲気の良い客席に。温かみのある電球色がくつろげる空間を演出します。従業員の皆様からも「この店は明るい」と好評です。
  • 事例写真
  • 壁際にダウンライトを設置して、絵画をライトアップ。空間にデザイン性が生まれ、洗練された印象を与えます。美しい配光にも、ご満足いただいています。

主なご採用商品

※生産終了品につきましては、代替商品にリンクしています。

  • 写真:60形LEDダウンライト
  • 写真:60形LEDユニバーサルダウンライト
WEB会員募集中!

パナソニックならではのLED照明のオリジナル情報をお届けします。
照明設計をサポートする数々のサービスをぜひご利用ください。

会員登録はこちら
主な会員限定サービス

LED照明

  • SmartArchi
  • P.L.A.M 照明設計者向けポータルサイト
  • Feu
  • LED置き換え提案マイページ
  • LED誘導灯提案書作成ソフト
  • 「エコアイディア」でリニューアル CO2削減提案書作成ソフト
  • あかりEサポート