ここから本文です。

JR北海道 新千歳空港駅 / 北海道千歳市

事例写真:JR北海道 新千歳空港駅様 / 北海道千歳市
公共空間で業界最多※のLED照明1,550台をご採用。電力・CO2排出量を大幅削減
※ 公共空間に納入されたLED照明器具市場において2009年8月当社調べ
写真:JR北海道 新千歳空港駅様
2008年に開催された「北海道洞爺湖サミット」を機に、JR北海道様では新千歳空港駅の省エネ改修工事を実施。LEDダウンライトの枠を天井と同じ青色に加工することで、現状の空間イメージ「きらめく星空の空間」のイメージを損なうことなく、環境にやさしい駅が完成しました。

導入目的

1.LED照明に取り替えて、どのぐらい省エネになるの?
改修前のハロゲン12V20Wに比べ、電力削減量が約24kW、年間CO2排出量約67.4tの削減※。
ハロゲンランプのダウンライトを、総合効率57lm/WのLEDダウンライトを採用することで大幅な省エネを実現。駅のホームをはじめ、みどりの窓口、待合コーナー、事務所、通路に1,550台もの大量のご採用で、消費電力・CO2排出量を大幅に削減できました。
※ 年間点灯時間7,300時間。CO2削減量指数0.39kg−CO2/kWh
2.地球環境保護への取り組みとは?
サミット開催の北海道の入り口としてLED照明で環境配慮を。
2008年、地球環境問題を主要テーマとして「北海道洞爺湖サミット」が開催。「ザ・ウィンザーホテル洞爺  リゾート&スパ」「国際メディアセンター」とともに、環境に配慮したLED照明に一新。地球環境に配慮した環境を整え、CO2排出量の大幅削減に貢献しました。
3.ランプの熱で、窓口カウンターでの仕事がしづらい
熱線がほとんどないLED照明だから直下で仕事をしても熱くならない。
以前から、地下1階のみどりの窓口のスタッフから「ランプの下にいると熱い」との不満がありました。LEDダウンライトに取り替えたことで、熱さがなくなり仕事がしやすくなったと好評。LED照明への取り替えで省エネに加え、心地よい空間づくりにつながりました。

導入後

  • ハロゲンランプを高効率のLEDダウンライトに取り替え。
  • 事例写真:駅のホーム
  • 事例写真:通路
  • 事例写真:みどりの窓口
  • 写真:LEDダウンライト
  • 枠の色を天井と同じ青色に加工。器具が空間に調和するように配慮しています。

主なご採用商品

※生産終了品につきましては、代替商品にリンクしています。

  • 写真:40形LEDダウンライト
WEB会員募集中!

パナソニックならではのLED照明のオリジナル情報をお届けします。
照明設計をサポートする数々のサービスをぜひご利用ください。

会員登録はこちら
主な会員限定サービス

LED照明

  • SmartArchi
  • P.L.A.M 照明設計者向けポータルサイト
  • Feu
  • LED置き換え提案マイページ
  • LED誘導灯提案書作成ソフト
  • 「エコアイディア」でリニューアル CO2削減提案書作成ソフト
  • あかりEサポート