ここから本文です。

地域密着型老人福祉施設 広瀬の里 / 愛媛県新居浜市

写真:地域密着型老人福祉施設 広瀬の里 / 愛媛県新居浜市
節電の重要性を認識し、LED照明を共用部のベース照明に。居住空間にふさわしい明るくやわらかな光を実現。
社会福祉法人 常美会
地域密着型老人福祉施設 広瀬の里
理事長 藤田譲治様
写真:社会福祉法人 常美会 地域密着型老人福祉施設 広瀬の里様
大きな窓や中庭を配し、自然豊かな周囲の環境を施設の中でも感じていただけるよう配慮。日中は自然光を利用してなるべく照明を使わないよう省エネを意識した設計にもなっています。建設予定中のグループホームにもLED照明を採用される予定です。

導入目的

1.節電・省エネの照明計画にしたい
イニシャル+ランニングコストで検証。LED照明を施設内や屋外に384台ご採用。
設計当初はすべての照明を蛍光灯器具にされる予定でしたが、震災後に節電の重要性を認識され、LED照明中心のプランを再検討。イニシャルコストとランニングコストをトータルで考えると、コスト的にも大差がないことが判明。廊下やトイレなどの共用部にLEDダウンライトやLED誘導灯を、屋外にもLEDモールライトなど計384台採用されました。

2.入居者が生活しやすい心地よい照明にしたい
ワンコア(ひと粒)タイプの採用で、目にやさしい、まぶしすぎないやわらかな光に。
入居者が過ごしやすいよう、LED特有の粒々感がなく、まぶしさを抑えたワンコア(ひと粒)タイプのLEDダウンライトをご採用。「LEDは直進性が強いと聞いていたが、予想以上に光が広がり、やわらかい光で、明るさも十分」と職員の方も満足されています。

LEDダウンライト ワンコア(ひと粒)タイプを239台ご採用。用途に応じて色を使い分け。
事例写真

2階は入居者の居住空間となっているため、電球色で落ち着いた雰囲気を演出。100形の拡散タイプを採用し、十分な明るさを確保しています。

事例写真

1階は職員の執務室が中心のため、作業性を重視し昼白色のLEDダウンライト100形をご採用。


事例写真

ワンコア(ひと粒)タイプはLED特有の粒々感がないため、壁際に設置しても多重影のない美しい光を壁面に照射します。

事例写真

1階のパブリックスペースには、昼白色のLEDダウンライトと電球色の蛍光灯シャンデリアを用途によって使い分け。日中は自然光が十分に入るため、必要な時のみ点灯しています。


主なご採用商品

※生産終了品につきましては、代替商品にリンクしています。

  • 写真:LEDダウンライトワンコア(ひと粒)タイプ150形
  • LEDダウンライト
    ワンコア(ひと粒)タイプ150形
  • 写真:LEDダウンライトワンコア(ひと粒)タイプ100形
  • LEDダウンライト
    ワンコア(ひと粒)タイプ100形

WEB会員募集中!

パナソニックならではのLED照明のオリジナル情報をお届けします。
照明設計をサポートする数々のサービスをぜひご利用ください。

会員登録はこちら
主な会員限定サービス

LED照明

  • SmartArchi
  • P.L.A.M 照明設計者向けポータルサイト
  • Feu
  • LED置き換え提案マイページ
  • LED誘導灯提案書作成ソフト
  • 「エコアイディア」でリニューアル CO2削減提案書作成ソフト
  • あかりEサポート