ここから本文です。

【注意事項】IE6では正しく表示されないことがあります

スキップする

購買ページのトップへ戻る

光によって購買意欲を高める方法

VMDによる商品PR〜立体感、素材感≪物販店≫

商品の持つ質感や、立体感をきちっと演出することによって商品の見え方自体に高級感を表現できます。
貴金属やガラス製品などは、指向性の強い点光源で照射するとその素材のもつキラメキ感や立体感を強調し、面光源では得られない効果を発揮します。
このように商品の特性に合わせての光の演出で魅力的な商品演出を行いましょう。

光の質によって照射物の見え方が変わってきます

ガラス

金属

陶器

木製

ページトップへ戻る

VMDによる商品PR〜期待色≪物販店≫

例えば、ゴールドとシルバーの貴金属があった場合、電球色の光源でゴールドを照射、昼白色でシルバーを照射することで潜在的に頭の中にあるそれぞれの素材イメージをより強調させた魅力的なVMDを実現させます。
暖色系統の商品は電球色の光で、
寒色系統であれば昼白色で照射すればいいわけです。

照射物(素材)に対する光色別のマッチング例

照射物(素材)に対する光色別のマッチング表

蛍光灯で照射した例

LED(白タイプ)で照射し輝き感を演出した例

ページトップへ戻る

VMDによる商品PR〜シズル感≪物販店(食品スーパー)≫

食品スーパーの場合、食材をおいしそうに見せるテクニックとして、素材の持つ色味や、質感を強調することでシズル感を演出することができます。
熱の少ないLEDスポットに専用の各種フィルターをセットすることで、省エネ、少発熱かつ新鮮でおいしそうに見えるライティングが可能です。
刺身を扱う飲食店においても有効な照明手法です。

自然光な光で素材のもつ色味を鮮やかに演出

ページトップへ戻る

VMDによる演出〜演色性≪物販店≫

女性客の集まる化粧品店、美容室では特に発色のよい演色性の高い光源にすると鏡に映った見栄えもよくなり顧客満足につながる可能性が高いと言えます。
特にLEDは熱を生じさせない光源として快適な光と言えます。
その際、真上からの光ですと鼻の影が生じますので、できるだけ2灯使いで両サイドから顔全体を照らすこととし、グレアとならない位置に設置します。

美光色シリーズの場合

MONE(ハロゲン)+特殊フィルターの場合

※画像をクリックで拡大します

  • オーナーズナビ
  • ダウンライトらくらく検索
  • lumicode
  • P.L.A.M 照明設計者向けポータルサイト
  • Feu
  • LED誘導灯提案書作成ソフト
  • 「エコアイディア」でリニューアル CO2削減提案書作成ソフト
  • あかりEサポート
  • LED電球
  • OrderLighting 特注のあかり
  • SmartArchi
  • EVERLIGHT
  • HomeArchi
  • MODIFY